【世界一受けたい授業】のどをきたえる運動!誤嚥性肺炎を防ぐ方法

臭い、体臭、女性

2017年9月30日放送の「世界一受けたい授業」の中の
「肺炎がいやなら、のどを鍛えろ
寿命を伸ばす3つの『のど運動』」。

スポンサードリンク

誤えんとは?

日本人の死因第3位は「肺炎」です。

高齢者の肺炎の約7割が
食べ物が気道に誤って入り込む誤えんが原因。

食べ物や唾液などが肺に入ると
肺で炎症が起き、肺炎を引き起こしてしまうのです。

さらに誤えんは窒息を起こす危険性も。
これには若者や子どもも要注意です。

誤えんの原因は飲み込む力の低下だと
考えられています。

そこで「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の
著者・西山耕一郎先生に教えてもらいます。



【誤嚥した患者の正しい応急処置の方法】

1.呼吸をしているか確認する。

2.上半身を前に倒し、背中をたたき咳をさせる。

気道を水平にする姿勢で
背中をたたき咳をさせるのが重要。

可能であれば口の中を見て異物がないか確認して
見えたらすぐにかき出す。

起きている状態で背中をたたいても
異物が肺に入ってしまい危険です。

水を飲ませるのもむせやすいので
よくありません。



【誤嚥を防ぐ簡単なコツ】

特に重要なのは食べる時の姿勢です。

上を向いていると気道をふたしづらくなり
誤嚥が発生しやすくなります。

なので飲み込む瞬間に軽くうなづくと良い。

また、飲み込んだ直後に息を吐くことで
誤えんしかけても息と一緒に出すことができます。

スポンサードリンク

肺に食べ物が残ったままになると炎症を起こし、
肺炎になりやすい。



【飲み込み力チェック】

①ペットボトル飲料を上を向いて飲むとよくむせる。

②声をかけたのに無視されることが多い。

③歩くスピードが遅くなった。

④大きめの錠剤を飲みにくく感じる。

⑤食事を終えた直後ガラガラ声になる。

2つ以上あてはまると
飲み込み力が衰えている危険信号です。

また、のど仏を見ることでも
飲み込み力が分かります。

飲み込むのに欠かせないのが
喉ぼとけを支える筋肉です。

年齢と共に喉ぼとけの位置は下がりますが、
喉の筋肉が衰えている人は
喉仏の位置が低い場所にあり、
理想的な位置は首の中央より上です。

また、飲み込んだ時に喉ぼとけが2㎝以上動くか
定期的にチェックするとよいそうです。

女性にもわかりづらいですが喉ぼとけはあり、
喉に指を添え”イー”と声をだしたとき、
突起が動くのがわかるそうです。

【誤嚥を起こしやすい人】
ドカ食い、早食いする人
・口の中にため込んだまま食べる人

寿命を延ばす3つの「のど運動」

衰えて下がってしまったのど仏も3つの運動で
揚げることができるそうです。

【①あご持ち上げ体操】

1.下あごに両方の親指を押し当てて、
アゴを引きながら、指で力いっぱい押し返す。

2.この時、口を横に広げ「イィー」とのど仏周辺に
5秒間力を入れ続ける。

朝・昼・晩の食事の前に
それぞれ10回ずつ行うとよい。



【②吹き矢トレーニング】

大小の紙を1枚ずつとセロハンテープを用意。

大きい紙で、直径2センチ程度の筒を作り、
小さい紙を丸め、テープで固めて、
球を作ります。

球を筒に込め、50センチ先に置いた
空のペットボトルを倒すイメージで吹きます。

これを1日5分程度楽しみながら行うとよいそうです。

吹く力を鍛えると、飲み込む力も鍛えられます。



【③ハイトーンカラオケ】
高いキーの曲を歌えば、のど仏を動かす筋肉が
鍛えられ、のど仏が上に上がって来ます。

先生オススメの曲は堺校長の「さらば恋人」です。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ