【ヒルナンデス】ケンズカフェ東京のガトーショコラ&ひき肉少年のひき肉ライス!

フォンダンショコラ

2017年10月2日放送の「ヒルナンデス」の
「ヒットの法則!とことん調査するンデス!」。

メニューはたった1種類なのに
バカ売れしているお店の紹介!

スポンサードリンク

ケンズカフェ東京のガトーショコラ




オーナーシェフは
大手コンビニのスイーツ監修も行っていて、
この店では3000円のガトーショコラのみを
販売しています。

店内にショーケースはなく、
ガトーショコラは大きさ13cmほどですが
年間10万本売れているとのこと。

チョコレート、バター、グラニュー糖、卵のみを
使っていますがチョコレートにこだわっています。

最高品質カカオを自社で栽培している
イタリア・ドモーリ社のチョコレートは
通常のチョコレートの約5倍の値段で、
会社公認の店でしか使えない。

また、通販をやめたら
売り上げが2倍になったそうです。

通販だと鮮度が落ちてしまうため
新鮮なものを売りたいを思ってやめところ、
ここでしか買えない特別感として人気に。

そして、オーナー自らエゴサーチを欠かさず行い、
時代に合わせて味を進化させているとのことです

お店:ケンズカフェ東京  
東京都新宿区新宿1丁目23−3



スポンサードリンク



ひき肉少年のひき肉ライス

女性客が多く、シロガネーゼにも人気。

メニューは「ひき肉ライス」で、
トマトなどで炊いたご飯に
鶏のひき肉のあんをかけたもの。

店主の萎澤弘之はミート矢澤で
料理長を務めていた経験があり、
食べ飽きないひき肉料理を作りたいとの思いから
研究を重ね、鶏肉にたどり着いたそうです。

1種類の鶏肉を大きさの異なる
3種類のひき肉に分けています。

あんと絡ませるために小さいひき肉、
ジューシーさを出すために
大きいひき肉を用いています。

トッピングが充実していて、
パクチーなどで自分好みにアレンジできます。
店の席数は6席で、テイクアウトの売り上げが
全体の50%を占めているとのこと。

テイクアウトは7種類のトッピングが入った
ランチBOX(1800円)がバカ売れしているそうです。

人気の秘密はテイクアウトは
アツアツの容器で提供していること。

ひもを引く事で20秒ほどで蒸気が出てきて
中身が温まる仕組み。

また、ライスの代わりに
サラダで提供するサービスを行っています。

ご飯の糖質を気にする方向けに始めたところ、
女性客を中心に人気とのことです。

お店:ひき肉少年  
東京都港区白金1丁目11−15

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ