【めざましテレビ/ココ調】座りすぎの健康リスク!改善ストレッチとスタンディングデスク

座り過ぎ

2017年10月3日放送の「めざましテレビ/ココ調」は
「知らなきゃ危ない!座りすぎの怖さを徹底調査」。

スポンサードリンク

座りすぎのリスク

今、注目を集めている本が
「長生きしたければ座りすぎをやめなさい」

座りすぎの健康リスクについて
「長生きしたければ座りすぎをやめなさい」の
著者である早稲田大学の岡浩一朗教授に聞きました。

岡教授「座ることが悪いのではなくて、
座りすぎがすごく健康のリスクを高めている 。

例えば1日に座る時間が4時間未満の人と比べ、
11時間以上座っている人は40%くらい
死亡リスクが高くなることが分かっている」

でも、なぜ座りすぎが
健康に害を及ぼす原因になるのでしょうか?

理由は、長時間座ったままだと筋肉が使われないため
血流や代謝機能が低下し、
いわゆる血液がドロドロ状態に。

その結果、糖尿病や心筋梗塞、ガンなどの
リスクが高まるため。

世界20か国の成人を対象に行った調査では、
日本人が一番長く座っているという結果が。

働き過ぎかつデスクワークが多いことが
理由の1つだとのこと。

では実際、街の人は、
どのくらいの時間座っているのか?

スポンサードリンク

1日のスケジュールを書いてもらい、調査。

100人にアンケートしたところ職業や、
年齢でバラつきはありますが平均はおよそ
7時間でした。



スタンディングデスク

そんな中この問題を解決する画期的なデスクが、

自由自在に高さが変えられる
スタンディングデスク。

企業などから注目を浴びています。

【スタンディングデスク スイフト】

高さは65~125㎝まで調節可能。
用途に合わせ電動で上げ下げできるので、
座りすぎや立ち過ぎによる体への負担を
減らせます。

最近では企業や学校で多く導入されています。


座りすぎ改善の簡単体操

病気の原因にもなる長時間の座りすぎ。

座りすぎにはこまめに立ち上がるなどの
対策が必要ですが、
仕事中は難しいという方のために
簡単にできるストレッチがあります。

1.椅子に座ったまま片足の膝をまっすぐ伸ばす。
つま先を上へ向ける。

2.5秒間キープ。

3.ゆっくりと下げる。

逆の足も同様に行います。

これを5回ずつ行います。

理想は1時間に1回するとよいそうです。



よろしければこちらもどうぞ↓
【世界一受けたい授業】座りすぎの血流改善トレーニング「こそトレ」のやり方!

【あさイチ】長時間の座りすぎは死亡率が高まる!改善対策も

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ