【ガッテン】血圧急上昇の「血圧サージ」の原因&予防法!

医者

2017年10月4日放送の「ガッテン」は
「血圧急上昇の正体!「血圧サージ」にご用心!」

原因や予防法について紹介!

スポンサードリンク

血圧が急上昇する理由

日本では上が140未満かつ下が90未満が
正常な血圧と言われています。

農家の75歳の男性、首藤さん。

4年前に脳梗塞を
突然起こしてしまいました。

軽い後遺症が残ったものの
命は取り留めました。

しかし首藤さんは
今も疑問に思う事があります。

それは血圧がずっと正常値だった事です。

首藤さんは10年前から
毎日血圧を測り続けるほど
血圧には気を遣ってきました。

主治医の勧めで血圧を下げる薬も欠かさず。
減塩にも熱心に取り組んできました。

なのになぜ脳梗塞が起こったのか。

そこで首藤さんの主治医に話を聞います。

倒れた首藤さんはその時
血圧の変化を記録していたです。

その日はいつものように
安定した血圧だったのですが、
午前4時半ごろから
短い間隔で急激に変化し一気に上昇。
ついには180mmHgにまで上がったのです。

血圧が高い危険な状態が起床後
2時間にわたって続いていました。

主治医の西澤さんはこの急激の上がり方が
脳梗塞を起こしたのではないかと分析。


急激な血圧の上昇の原因

そこで急激な血圧の上昇の原因を調査。

50代~60代前半の男女に協力をしてもらい
24時間血圧計を計測してもらいます。

普段は140くらいと
正常な血圧の人ばかりにお願いし、
10日間つけてもらいました。

そこで6人の方が急激に上がる
シーンがありました。

トイレとかコーヒーを飲んだ時、
通勤で小走りになった時、
寒暖差、仕事に近づく月曜日などでした。

【血圧が上がる要因】
通勤→9㎜Hg
コーヒー→ 8㎜Hg
トイレのいきみ→ 12㎜Hg
月曜日→19㎜Hg
喫煙→ 21㎜Hg
深酒→ 20㎜Hg
緊張→ 20㎜Hg
階段を大急ぎで上る→ 19㎜Hg
寒さ→ 9㎜Hg
など。
(㎜Hgは番組の実験での数値)

ここで首藤さんはなぜ上がったか?
そのキーワードはサージだといいます。

自治医科大学の苅尾七臣教授に聞くと
血圧が上昇する波のようなことを
サージといいます。

スポンサードリンク

血圧と脳卒中の調査を全国でもやっており、
血圧サージがある人とない人では、
脳卒中のリスクが2.5倍に。

また、55mmHgを超える急上昇は
危険だとのこと。

では首藤さんはどうだったのかというと
起床と深酒、睡眠不足、ゴミ出しが重なり
なってしまったとのこと。

また朝がポイントで起きるだけで
血圧が20mmHgも上がっています。
(モーニングサ―ジ)

これに寒さやトイレで踏ん張ったり、
怒ったり、タバコを吸ったり
積み重なると危険だとのこと。

血圧の急上昇の正体は「積み重ね」

個々の小さな血圧上昇がタイミングが重なって
起こってしまったと考えられています。


サージを避けるには?

ではどしたらいいかと言うと
「サージのピークを下げる」
積み重ねを避けるという事が大切です。

また起きがけは危険なのですが、
それを脱する時間は2時間後くらいとのこと。

また、年齢とともに血圧の変動の幅が
大きくなっていくそうです。

30歳を超えたら測るようにするとよい。

特に肥満や糖尿病がある方も
より注意が必要。

またサージを回避するのには
血管を柔らかくすることが必要で、
そのためには有酸素運動が効果的とのこと。

運動をする事で、血管の壁から
一酸化窒素が分泌されて
血管が柔らかくなります。


深酒に注意

サージの原因の中で気をつけたいのが深酒。
大塚さんの一日の様子をチェック。

実は大塚さん、大のお酒好き。
ビールとウイスキーを飲み就寝。

睡眠時間中は最初は血圧が下がるが、
次第に何度も急上昇。

これは睡眠時無呼吸の状態に。
大量の酒を飲むと舌の筋肉が緩み
舌が下がり、呼吸をしにくくなるため。

夜中に目を覚ましてしまいました。

深酒の影響で眠りが浅くなったのです。

朝、血圧を計ると血圧があがっていました。

ビール大瓶2本半または日本酒2合以上は
睡眠の質を悪化させ危険なサージの
大きな要因になります。
飲み過ぎには注意です。



サージ対策

日本高血圧学会から教えてもらった
血圧のスゴワザ大公開。

まずは琉球大学医学部付属病院の
又吉鉄太郎先生に教えてもらったのは
「ベルトえを緩める」。
太めのは人は大動脈を圧迫し
血圧を上昇させることがあるとのこと。
少し注意してみるのも対策になります。

慶應義塾大学の伊香賀教授から
寒さによる血圧サージを下げる方法を紹介。

伊香賀教授は断熱により
熱を下げる研究をしていて、
画期的なアイテムがスリッパ。

足元は温度に反応しやすいので、
スリッパを履いて行動するのも
対策の一つとなるとのこと。

続いてはストレスによる
血圧上昇を予防する裏技を
森先生に聞きます。

深呼吸がよいとのことで、
血圧が高い人のほど血圧がさがるとのこと。

おすすめの深呼吸は30秒で6回、
つまり5秒に1回の深呼吸
で、深呼吸が血圧を下げる効果が見込めるとのこと。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ