【ビビット】江原啓之の家をパワースポットにする方法!

瞑想、お寺、お坊さん

2017年10月2日放送の「ビビット」の「月刊 太一」。

江原啓之さんの
家をパワースポットにする方法
を紹介!

スポンサードリンク

1200坪別邸&家をパワースポットにする方法

江原啓之さんの熱海の豪邸を
国分太一さんが訪問。

江原啓之さんと国分太一さんとは
以前「オーラの泉」という
テレビ番組で共演しています。

江原啓之さんは熱海に家を5年前に購入。

門構えだけでもすごい別邸は
「昌清庵」との文字が。
守護霊の名前だそうです。

神社の参道のような道が
150メートル続きます。

全部で1200坪あるとのこと。
茶室や、川、庭園など。



自宅をパワースポットに変える極意

【①玄関には赤い花を置くべし】
赤は跳ね返す力が強く魔除けにもなる。
江原さんによると赤い葉にゃ実をつけた植物は
外から入ってきた邪気を跳ね返す

江原さんは玄関だけでなくかばんも赤で
じゅうたんの一部も赤でした。



【②玄関はには鏡を置くべし】
そして大事なのが鏡。
小さくてもいい。

鏡も邪気を跳ね返すといいます。

出入り口に対して少し角度をずらし
玄関のほうに鏡を向けると良い。


【③人の形をしたものを置かない】
やってはいけないものは玄関に
人の姿のあるものは置いてはいけない。

スポンサードリンク

人形・お面・家族の写真など。

それらのものは外から来た人の悪い
邪気が映りやすいため、
玄関に置かない方がよい。


【④手を叩いて部屋を浄化】
江原さんによると、悪い気がある場所は
手をたたいてもよい音が出ないと言います。

そんな場所では、いい音が出るまでたたき続けることで
お払いになるのだそうです。

正しい手の叩き方は、
手を少しずらし
空気をためるように叩くとのこと。

江原さんは親しい編集者の人に教えるそうです。
「デスク一つ一つを叩いていきなさい」と。

不調な人や何か問題がある人のところには
変な音がするそうです。


【⑤オーラマーキング】
人の想いは良くも悪くも物に宿る

洗濯物はすぐに着てはいけない。

畳むことで思いを込めることが必要なんだとのこと。

「家族みんなが仲良く平和であるように」と
思う心が全体の幸せになるといいます。

国分さんは以前「本は積むものではなく読むもの」だと
江原さんに指摘されたそうです。

これはよくないと思うのは
キッチンのテーブルなどに
いろんな書類を積み重ねておくこと。

書類を積み重ねておくとエナジーがよどむ。

積んでおくということは読まない。

後で読もう、これ取っておこうとしても
片づけようと思えばすぐ片づけられる。

「怠惰な場所に花は咲かない」といいます。

本当に大事だと思うなら
説明書だけのファイルを作れば良いとのこと。

ほんの少しの手間を惜しむことが
運気を逃してしまう。

開運という文字について江原さんは
「拓運」を使うそうです。

ただ開くのを待つのではなく
耕すことが重要。

江原さんの教訓として、
「何事もきちんとやることで
エナジーがよどみなく流れる」
といいいます。

キッチンにもその教えが。


【⑥シンクに水をためない】
シンクに桶などに水を
ずっと溜めることはダメだといいます。

水をためるとエナジーがよどむ。

川のせせらぎなどのように
清らかに流すことが大事だのこと。

水を使ったオブジェや川の写真や絵画を置いても
エナジーは流れるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ