【あさイチ】攻めの間食で太らない!美と健康を手に入れる

チョコレート

2017年10月2日放送の「あさイチ」は
「美と健康が手に入る!?“攻め”の間食」。

間食におすすめの食材、とり方などを紹介!

スポンサードリンク

攻めの間食とは?

食事改善のプロ、細川モモさん。

細川モモさんはこれまで
ミス・ユニバース・ジャパンの栄養指導を担当。

450人を超えるモデルたちに
間食を摂るように積極的に勧めてきました。

ナッツや、ドライフルーツなど
ヘルシーなものだけではなく
チョコやプリン、ココアなど、
甘くてカロリーが高そうなものまで。

細川さんのオススメは、
三食では不足する栄養素を
積極的に摂るという攻めの間食。

プリンはたんぱく質など、
女性なら積極的にとったほうがよい栄養素が
豊富なため。

またポリフェノールが含まれる
ビターチョコレート、
鉄分・亜鉛が豊富なココアなどもオススメ。

そんな細川さんの攻めの間食術で
健康と美を手に入れたのが岸本美穂さん。

ミス・ユニバース・ジャパンの
元ファイナリストです。

実は岸本さん、以前は
誰よりも痩せていることが重要だと
考えていました。

その体型を維持するため
かなり無理をしていました。

食事は、ほぼ野菜や果物だけ。

特に間食は絶対にとらないよう
我慢していたそうです。

すると、栄養の偏りから肌荒れや生理不順、
便秘などの体調不良に悩まされるように
なりました。

そんな岸本さんに、細川さんは
不足しがちな栄養素を間食で
積極的にとるよう提案したのです。

【細川モモさんの攻めの間食の極意】
「必要な栄養素を見極める」
「好きな食品から栄養をとる」
「カロリーは間食の総摂取量で調節」。

この三か条を実践し
鉄分や亜鉛をとり始めると
ひと月ほどで肌荒れや生理不順は
改善しました。

岸本さんの攻めの間食。

いつも持ち歩いているのはこの6種類。

スポンサードリンク

アーモンド、プルーン、いちじく、マンゴー
ポリフェノールたっぷりのチョコレート。

大好きなあめも無理に我慢せず
量を守ってなめています。

さらに、攻めの間食術は食生活全体を
見直すきっかけにもなりました。

間食をとることでひどい空腹感に
襲われることがなくなり
時折あったドカ食いもなくなったそうです。

メニュー自体も、食べたいものや彩りを
楽しむことを第一に考え、
足りない栄養素は間食で補えばいいと
決めることで
食事の楽しみも倍増したといいます。


不足しがちな栄養素

管理栄養士の足立香代子さんに
話を聞きます。

女性に不足しがちな栄養素は、
ビタミンC、カルシウム、鉄、
マグネシウムなどです。

・ビタミンC→体にとどまらない
(リンゴなどのフルーツ)

・カルシウム→食事だけでは不足しがち
(ヨーグルトやチーズほか)

・鉄分→食事だけでは不足しがち。
また、生理で失われてしまう
(ココア、プルーンほか)

・マグネシウム→食事だけでは不足しがち
(アーモンド、くるみほか)

間食の目安のカロリーは?
間食の目安は200キロカロリー以下。
食事への影響を少なくするためです。



間食を摂った方がいい人

間食を摂った方がいい人は太っている人。
太っている人は夕飯が過食の事が多いが、
ドカ食いを防ぐには間食が良い。

また夕食が遅い人も間食がオススメ。
お腹がすきすぎると血糖値の上昇が
激しくなってしまうので、
間食をはさむとよい。


間食の助けになる食材

管理栄養士の小島美和子さんは、
企業で間食を取り入れた栄養指導を
しています。

間食の助けになる食材は、
焼き海苔、味付け昆布、すりごま、きなこ。

これらの食材には、食物繊維、ミネラルが豊富。

甘いものを食べてしまうと
血糖値が上がりやすいが、
これらの食材を先に食べたり、
ふりかけて食べてあげると、
血糖値の上がり方が緩やかになり、
脂肪にもなりにくくなるとのことです。

昆布は食べごたえがあるので
満腹感が出て来るので、
後の食事量を控える事ができます。

昆布は少ない量で、
食物繊維もとれるのでオススメとのことです。


どちらが太りにくい?

・「フルーツタルトとショートケーキ
どちらが太りにくい?」

正解は「フルーツタルト」。
フルーツタルトは食物繊維が多く血糖値が上がりにくい。


・「ウエハースチョコとアーモンドチョコ
どちらが太りにくい?」

正解は「アーモンドチョコ」。
アーモンドの脂質が血糖値の上昇を抑えます。


・「肉まん、天むす、チーズケーキの青グループと、
あんまん、梅おにぎり、モンブランの赤グループ、
どちらが太りにくい?」。

正解は「青」。
糖質の代謝に不可欠なタンパク質が含まれているため。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ