【ZIP/マスカレッジ】部屋や肌・喉・唇の乾燥対策!首元にタオルを巻いて寝る

観葉植物

2017年10月11日放送の「ZIP」の
「なーるほどマスカレッジ」

肌・喉・唇がカサカサ
乾燥から身を守る方法を紹介!

スポンサードリンク

部屋や肌を乾燥から守る方法

これからの季節、
気になるのは乾燥。

部屋の簡単乾燥防止術、
肌を乾燥から守る方法を紹介。



加湿器なしで部屋の乾燥を防ぐ方法

第1回加湿器なしでお部屋を
加湿しようじゃないか-1GP

湿度を約50%、同じ温度に設定し、
4つの物を置いて
30分後の湿度の変化を計測します。

①水の入ったコップ:52%→54%

②濡れたタオル:50%→60%

③観葉植物:50%→51%
※植物は水蒸気を出す蒸散という働き
これが加湿効果があるといわれています

④入浴後に浴室を開けておく:54%→75%

一番加湿効果があったのは
“入浴後に浴室を開けておく”ですが
快適に過ごせる湿度は50~60%。
75%は湿らせすぎ。

結論としては濡れたタオルが
最も快適に過ごせるという結果に。



肌、唇、喉を乾燥から守る方法

【お肌のカサカサを守る方法】

38度のぬるま湯に入る

実は熱いお風呂やシャワーは
肌を守る皮脂を落とし過ぎてしまい
肌の乾燥につながってしまいます。

一方ぬるま湯だとほどよく皮脂をキープし
乾燥を防ぎつつ体を洗うことができます。

スポンサードリンク



【のどを守る方法】

朝、起きたらのどがカラカラ!
なんてことありますよね。

そんなときマスクをつけて寝るのも
有効ですが、ほかにも
首元に乾いたタオルを巻く
という方法があります

濡れてなくてもいんです。

タオルありとなしで3時間寝た後の
口の中の水分量を計測します。

口腔水分計で計り口の中の水分量が
30以上で潤っているとされます。

タオルなしは24.3。
タオルありは26.6。

タオルがない時よりはある時の方が
乾燥を防いでました。

これはタオルで
首を温めるのがポイント。

その結果、血流がよくなって
唾液の分泌が活性化。

口の中に水分を保つこと
ができていたのです。



【唇を乾燥から守る方法】

唇がカサカサして
リップクリームを塗ろうと思ったら
忘れてしまった。

こんなときに唇を舐めるのは
やってはいけないこと。

唇には油膜という皮膚膜があり、
これが乾燥から潤いを保っています。

けれども唇を舐めることで
一時は潤いますが、油膜がなくなり
よりカサカサになってしまいます。

唇を乾燥から守るには
ガムシロップが有効です。

糖分には高い保水力と保湿効果があり、
ガムシロップが唇に少し塗るだけで
油膜をコーティングできます。

べたつきを抑えるために
ティッシュで軽くふきとれば
潤いを保つことができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ