【がっちりマンデー】ポケベルの東京テレメッセージは防災ラジオで復活!

2017年10月15日放送の「がっちりマンデー」は
「あの会社は今!」

ここではポケベルで一世風靡をした
東京テレメッセージについて紹介!

スポンサードリンク

東京テレメッセージ(ポケベル)

1996年に一世を風靡した東京テレメッセージ。

40代以上の方ならわかる
「ポケットベル」、通称「ポケベル」の会社です。

ポケベルとは1台1台に電話番号がついていて、
公衆電話などからかけるとポケベルが受診して、
番号を知らせます。

番号は「1」は電話ください
「2」は戻ってきてください
など、あらかじめお互いに決めておくと
ちゃんとメッセージが伝わります。

ほかにも数字の語呂合わせという
方法があります。

例えば
「0833」は”オヤスミ”
「14106」は”アイシテル”
など。

当時は携帯電話は10万円近くし
通話料も高かったのです。

それに比べてポケベルは月々2000円ほどで
簡単にメッセージが送れたため
日本全国で大ヒットしました。

そんなポケベルサービスを牽引していたのが、
関東エリアでは東京テレメッセージだったのです。

でも最近はスマホや携帯もあるし、
東京テレメッセージは今
どうしているのでしょうか?

早速、東京テレメッセージの本社
東京・虎ノ門へ。



防災ラジオ

東京テレメッセージの清野社長に
話を聞きます。

最盛期の1996年にはポケベル利用者が
全国で1200万人超えでしたが
今は1500人とのこと。

かなり少なくなっています。

しかしもうひとつ、まさかの
最新ポケベルビジネスがありました。

それが、ポケベル電波を使った防災ラジオ。

スポンサードリンク

ラジオとしても使えますが、いざという時には
各自治体がポケベルの電波を使ってメッセージを送信
すると液晶画面に即座に表示され、
さらに内蔵されている文字の音声変換機能で
メッセージを読み上げてもくれます。

でも似たような防災ラジオは
地方にも結構あるのでは?

一体、どの辺がスゴいのかというと
清野英俊社長によると
この防災ラジオの最大の特徴は
ポケベル電波、280MHzを使用していること。

電波を扱う機器はそれぞれ使っていい
周波数が決まっています。

例えばFMラジオは76~95MHz、
スマホは800MHz以上
そしてポケベルは280MHz。

そしてこの280MHzというのが
スマホより遠くに届き、ラジオより屋内に
しっかりと入ってくるという最強の電波なんです。

東京電力パワーグリッドの本社の
鉄塔の高さ170メートルに設置してある
小さなアンテナがポケベル用です。

設置が簡単だから防災に向いているとのこと。

このポケベル電波の防災ラジオは1台17500円と
なかなかのお値段ですが、
現在全国25の自治体で採用。

さらに10の自治体と契約済み。

その売上台数は、全国で約11万台。

2007年発売時に年間売上げ2億円ほどだったのが
いまや19億円と見事復活したのでした。



【がっちりマンデー】ポケベルの東京テレメッセージは防災ラジオで復活!

【がっちりマンデー】歯磨き剤「アパガード」のサンギはさらに進化!アパサイダーCほか

【がっちりマンデー】ハイトリ紙のカモ井加工紙はマスキングテープで人気

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ