【あさイチ】子供が早く寝る照明の方法!目が疲れない使い方

収納した部屋

2017年10月11日放送の「あさイチ」の
「電気代は?眠るには?目には? 知って得する照明術」

ここでは早寝早起きができるようになる
照明のコツ、照明と目の関係について紹介!

スポンサードリンク

照明と睡眠の関係

子どもたちがなかなか寝ないと
悩んでいる女性を訪ねました。

子どもたちの様子を見させてもらうと
寝る直前までマンガを読み、
電気をつけたまま寝て、
眠った後に母親が電気を消していました。

江戸川大学教授の福田一彦さんによると、
寝室の照明だけでなく、
寝る前1~2時間前に過ごしている部屋(リビングなど)の
照明が重要とのこと。

人が眠くなるのに関わっている
メラトニンというホルモン物質は、
夜6時頃から出始め、
眠気を感じるようになり眠りにつきます。

メラトニンは、深夜1時ごろに
最も分泌が多くなり熟睡に至ります。

そして、朝が近づくにつれて分泌量は
少なくなり目が覚めるのです。

しかし、部屋が明るいと夜になっても
メラトニンがあまり分泌されず眠くなりません。

福田さんが目をつけたのは
ふだん使っていないというダウンライトでした。

寝る1~2時間前は50ルクスくらいの
明るさにするとよいそうです。

ダウンライトがない場合は間接照明や
調光機能を使って部屋の明かりを落とします。

寝室も、天井照明ではなく
もう1つついている間接照明を使うことにしました。

この明かりで過ごすようになって
3週間余りたったのですが
平均して30分ぐらい寝るのが早くなったり
朝もお母さんが起こしに行かなくても、
起きてくれる日もでてきたそうです。

福田さんによると個人差はありますが、
1週間以内には効果が現れるということです。

スポンサードリンク

特に子どもの目の水晶体は非常に澄んでいるため、
光の影響を受けやすいそうです。

そしてポイントは白い色ではなく、
暖色系の照明にすること。
ブルーライトが一番メラトニンが
出にくくなるとのことです。

LED照明にはほとんどの物が
色を変える機能がついているそうです。



目と照明の関係

眼科専門医の坪田一男さんによると
ブルーライトそのもので
視力が低下したという研究はないが、
夜にブルーライトを見ると
体内リズムが変わるので、
その影響で近視になるということは
あるそうです。

また、暗い所で本を読んだから
近視になるという根拠はないそうです。

子供の近視の一番の問題は
外で遊んでいる時間が少ないことだとのこと。

バイオレットライトというものが
室内には全く存在しないため、
外の太陽光を浴びないと意味がないという。

また、目に見えている中心部分と
周りの明るさが違い過ぎると、
目に大きな負担がかかります。

夜、テレビを見るときは、
テレビ画面のバックライトをいちばん低くし、
部屋をテレビ画面よりも少し暗くすると、
目が疲れません。

真っ暗の中でスマホを見ることはもちろんNGですが、
読書灯をつけて見てもNGだとのこと。

読書灯の明かりが反射し
かえって目が疲れてしまうそうです。

間接照明などで背景を少し明るくすると
目が疲れないそうです。



寝室の明るさとうつ症状の関係

奈良県立医科大学 大林さんの調査によると
寝室の明るさとうつ症状の関係を調べた結果
部屋を真っ暗(平均0.4ルクス)にして寝ている人に比べ、
明るくして(平均12.4ルクス)寝ている人は
1.9倍うつになりやすいとのことです。

明るい所で寝ると時計の乱れて、
睡眠不足になりやすく
うつ症状が引き起こされるのでは
と分析しているそうです。

坪田一男さんによると
豆電球(5ルクスぐらい)でも睡眠に影響を与えるそうで、
トイレに起きるときは目をなるべく開けないで
(目に光を入れない)トイレにいくそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ