【めざましテレビ】菌活ランキング&レシピ&乳酸菌!豆乳抹茶甘酒や豆乳みそ汁

納豆

2017年10月16日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」は
美肌やダイエットに期待。
注目の菌活を徹底調査。

菌活ランキングやレシピ、
乳酸菌が含まれる食品などを紹介!

スポンサードリンク

菌活

菌活とは乳酸菌や納豆菌など体にいい菌を含む食材を
日々、積極的に取り入れる活動のことです。

ただ、一口に菌活と言っても菌の種類によって
期待できるメリットは違うとのこと。

そこでダイエットや美肌効果も期待できるという
今注目の菌活を徹底調査。


人気の菌活ランキング

【1位:麹菌】

『美肌に期待!』

麹菌は、甘酒や塩麹に多く含まれ、
体内で作り出す酵素やビタミンが肌の調子を整え、
美容面に期待できます。

さらに美肌効果が期待できる簡単レシピを紹介。

【豆乳抹茶甘酒のレシピ】

『材料』
甘酒→150ml
豆乳→50ml
抹茶→ひとつまみ

『作り方』
甘酒と豆乳をよく混ぜ合わせた後に
抹茶をひとつまみいれればできあがり!

豆乳に含まれる大豆イソフラボンも
美肌にも期待できます。



【4位:きのこ】

『便秘改善に!』

きのこは食物繊維が豊富で便通の改善に効果的。

ちなみにきのこの中で食物繊維の含有量が
もっと多いのはきくらげです。

100g当たり
きくらげ(ゆで)5.2g→しいたけ→ぶなしめじ→まいたけ→エリンギ 3.4g



【3位:酵母菌】

『ダイエットにも!』

酵母菌はみそなどに多く含まれています。

酵母菌は食べ過ぎた糖分を分解しながら
余分な吸収を抑えます。

さらにダイエット効果が期待できる簡単レシピを紹介。

【豆乳みそ汁のレシピ】

『材料』
キャベツ→1枚
玉ねぎ→1/6個
人参→10g
だし→100m
無調整豆乳→50ml
みそ→大さじ1

『作り方』
1.鍋にだしを入れ適当な大きさに切った野菜を煮る。

2.①に豆乳を入れて味噌を溶く。

3.は野菜が柔らかくなるまで煮込めばできあがり!

豆乳に含まれるオリゴ糖が酵母菌を活性化するので、
糖の分解がさらに期待できます。
br num=”2″]

【2位:納豆菌】

『病気予防に』

納豆菌は、血栓を溶かす効果があり
血管の健康を保ってくれます。

生活に菌活を取り入れている日置さん。
朝食を見せてもらいました。

麹で味付けしたきのこ煮。
甘酒入りのたれにつけて焼いた鮭。
おみそ汁にもきのこ。
さらに手作りのヨーグルト。

そして日置家の食卓に欠かせないのが納豆。

日置家のオリジナルレシピ

【オリジナル納豆】

『材料』
納豆
切り干し大根→10g
塩麹→小さじ1
白しょうゆ→小さじ1
甘酒→小さじ1

『作り方』
材料を全部混ぜあわせるだけ。

スポンサードリンク

納豆菌と麹菌が一度に摂れます。


【1位:乳酸菌】

『免疫力アップ!』

腸内にいる菌の働きを活性化し、
免疫力を向上させます。



乳酸菌が含まれている食材

人気の高まりとともに乳酸菌は
さまざまな食材とコラボしています。

【みそ汁】



【ふりかけ】



特に今人気の乳酸菌食品が乳酸菌ショコラ。

【乳酸菌ショコラ】

生きたままの乳酸菌がチョコレートに入った商品。

手軽に菌活できるとあって
売り上げ40000万個突破の大ヒット商品!

乳酸菌は一般的には熱に弱く
生きたまま入れるのに苦心したそうです。

開発の手助けとなったのが、
すぐきという京野菜を使った漬物。

発酵に時間がかかる分乳酸菌が多くなるそうです。

乳酸菌には動物由来と植物由来のものがあり
植物由来の方が熱に強く
チョコレートの加工に適していたのです。

【すぐき】

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ