【マツコの知らない世界】日用品の世界!純銅製おろし金や銅卵焼鍋、日本刀包丁

包丁

2017年10月17日放送の「マツコの知らない世界」の中の
「一生使える日用品の世界」。

職人さんが作る日用品を紹介!

スポンサードリンク

一生使える日用品の世界

日本全国568人の職人を口説いた男、
河内宏仁さんに教えていただきます。

【日本刀包丁】

岡山県の日本刀職人が作った
100年使える料理包丁

岡山県瀬戸内市長船町は鎌倉時代から
刀鍛冶が栄えた日本刀の名産地。

そこの上田さんが作る日本刀は
国産の貴重な砂鉄から製鉄した鋼を使用し
1ヵ月に1本しか作れないためとても高価。

製作工程が日本刀と全く同じの料理包丁は
日本刀並みの切れ味を持つ包丁。

その切れ味は、一般的な包丁には
真似できないとのことです。

鋼の密度がとても高いので
折れづらく、まがりづらい。
そのため11年使用しても1.5㎜位しか減らない。

さらに無料で何度でも研ぎ直してくれるサービスが
あるため一生使えます。


【純銅製のおろし金】

埼玉県のすり潰さずに
“切りおろす”純銅製のおろし金

職人歴21年の春原さんが手作業で目立てで 製作しています。

刃の間隔や目の高さを敢えて不ぞろいにすることで、
筋がつきにくくおろしやすいとのこと。

リバーシブルになっていて、
両面に刃がある珍しいおろし金。

表面の粗い方は大根、裏面の目が細かいほうは
わさびなど小さな薬味をするのに最適。

実際にワサビをすりおろすと、
すごい香りがたつとのことでした。



【足立茂久商店 わっぱ5寸】

新潟県で唯一曲げ物ができる
職人の足立さんが作るわっぱ。

釘を使用しておらず
電子レンジで加熱できます。

冷凍ご飯が炊きたてのご飯に
なるとのことです。

国産のヒノキを使用していて、
抜群の香りのご飯が楽しめます。

さらに調湿効果の優れたヒノキを
使っているため余分な蒸気で
ご飯が濡れづらい。

ご飯だけでなく野菜を入れるのにも
おすすめとのこと。


スポンサードリンク

【DAIKURA ビアマグタンブラー】

備前焼のタンブラー。
藁を巻いて模様を付ける独特の技法で
1つ1つ焼き色が異なります。

実際に普通のグラスと、備前焼のグラスに
ビールをそそいでみると、泡のクリーミーさが
見た目でもわかったのでした。

試飲してみると、味が濃くなったとマツコさん。

その理由は
釉薬を使わずに土と炎だけで焼き上げるため、
表面に空気だけを通す小さな穴があり、
通気性が良く、酵母菌の働きが活発になるのだそうです。

ウイスキーやワインの味も変化させると言われています。


【中村銅器製作所 銅卵焼鍋】

玉子焼きがフワフワになる鍋。

錫の焼付けという高度な技術で
量産品のメッキ加工よりはがれづらいため、
長く使えます。

銅は熱伝導が良く、焦げ付きやすいと思われますが
錫を焼き付け、錫特有のデコボコが表面にできることで
油を浮かし、焦げづらくなるとのことです。

油なじみがいいので玉子焼きの角が立ち、
おいしくなるそうです。



【かみや民芸店 麦わら細工の名刺入れ】】

原材料は麦わらの茎を染色したものを
切り開いて使用。



下書きの上から型取り、
ナイフで切り抜いて作っています。


先回の様子↓
【マツコの知らない世界】一生使える日用品!パン切り包丁やほうき

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ