【ヒルナンデス】冷え性対策の簡単入浴法!3・3・3入浴法などby石原新菜

健康法 入浴

2017年10月18日放送の「ヒルナンデス」の
「詳しく知りたいンデス」。

冷え性のエキスパート内科医の石原新菜先生が
冷え性対策の正しいお風呂の入り方を紹介!

スポンサードリンク

増えている冷え性

冷え症の人は最近増えていて、
女性の7割、男性の4割は冷え症の疑いがあり、
自覚症状のない隠れ冷え症も多いとのこと。

冷えは万病の元といわれていて
肩こり、腰痛、下痢、便秘などを引き起こします。

【冷え症を見抜く簡単チェック!】

1.いつも手足が冷たい

2.熱いお風呂が苦手

3.汗っかきだ

一つでも当てはまる人は
冷え性の疑いがあります。



半身浴並みの効果が得られる簡単入浴法

3つの簡単な入浴法を紹介。

【①手首入浴法】

手の平には内臓につながるツボがたくさんあり、
内臓を活性化させる働きあるとのこと。

内蔵を活性化さえれることて
血行が良くなり、体が温まるとそうです。

1.42℃程度の集めのお湯に、
手首までを10~15分浸ける。

2.ぬるくなったら差し湯をし
温度が低くならないように
調整する。

※塩を入れると
保温効果が高まります。

皮脂と結びついて、
皮膚の表面をコーティングして
保温効果を高めてくれるそうです。

スポンサードリンク



【②3・3・3入浴法】

1.42℃程度の熱めのお湯に
肩まで3分浸かる。

2.お湯から上がって体を洗う。
3分間で済ませます。

3.再度お湯に3分浸かる。

4.お湯から上がり、3分間で髪を洗う。

5.再度お湯に3分浸かる。

6.温まったところでお湯から上がり
3分。

これを1セットとし、3回繰り返します。

体全体に水圧がかかることで
毛細血管が縮み、心臓がより活発に動き
新陳代謝がアップ。

しかし、長く浸かると体に負担がかかるので、
冷え性対策には3分で十分。

3・3・3入浴法はかなり汗をかくので、
お風呂上がりには水分補給をしてくださいとのこと。。

しかし、ここで冷たい水を飲むと
体を冷やしてしまうので水は常温がベスト。

また、お風呂上がりに
温めたか体を冷やさないためには
すぐにパジャマなどに着替えず
しばらくバスローブを着てそのままでいる
とよいそうです。

風呂上がりは汗をかくので
すぐにパジャマなどに着替えると
逆に湯ざめしてしまいます。

バスローブなら
適度に汗を吸って
湯冷めの心配がなくなります。

保湿の面でもおすすめ。



【③洗面器入浴法】

1.全身浴ができるだけのお湯を張る。
※冷めにくくなります

2.洗面器を湯船に沈める。

3.洗面器のうえにすわり半身浴をする。

肺や心臓に負担をかけにくいので
長く漬かれるメリットがあります。

肩が冷えてしまうので
乾いたバスタオルを上半身にかけるだけで
保温効果が得られます。。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ