【ごごナマ】りんご酢はちみつドリンクのレシピ!酢の上手なとり方

調味料、ドレッシング、酢

2017年9月12日(10月17日)放送の「ごごナマ」は
「夏の疲れに酢!大特集」。

疲労回復や食欲増進の手助けをしてくれるお酢。

便秘外来クリニック院長の
小林暁子先生に上手な酢のとり方を
教えていただきます。

スポンサードリンク

疲れた体に効くお酢の大特集

調味料として欠かすことのできない
発酵食品「酢」。

酢を使った料理は、疲労の回復や
食欲増進の手助けをしてくれます。

酢の多くはお酒からつくられます。

まろやか、爽やか、強い甘みなど
原料や熟成の違いで風味が異なるのも
魅力です。

酢にはどんな特徴があるのでしょう。
酢酸菌がお酒を酢に変えますが、
日本酒やワインはもちろん
シャンパンからつくったシャンパンビネガーや
シェリー酒からつくったシェリービネガーなど
いろいろあります。

お酢が体にいい理由の1つは、
お酢に含まれているクエン酸。

クエン酸は食欲を増進させる働きだけでなく
カルシウムやマグネシウムなど
体内に吸収されにくいミネラルと結びついて
吸収されやすい形に変える作用もあります。

また、酢に含まれるクエン酸が
細胞の代謝を促し、
抗酸化作用もあるということが
わかってきています。


夏の疲れに酢のじょうなとり方

【①酢はドリンクにして飲むのがおすすめ】
酢は健康を意識する人に
飲み物として親しまれています。

酢にはいろいろな種類があります。

中でも、飲み物として親しまれているものに
りんご酢などの果実酢があります。

香りもやわらかく、
酸味もあまり強くないのが特徴です。

りんご酢やブルーベリーを使ったものなど
いろいろな果実からつくられ
好みの味を楽しむことができます。

その1つ、りんご酢を使って作れるのが、
りんご酢はちみつドリンク。
手軽に作れます。

【りんご酢はちみつドリンクのレシピ】

『材料』(1人分)
冷水→カップ3/4
りんご酢を1/4
はちみつ→大さじ1

『作り方』
グラスに冷水カップ3/4
りんご酢を1/4、
はちみつを大さじ1を混ぜ、
水で薄めるだけ。

好きな果実酢を炭酸で割って飲むなど
自分なりのスタイルの飲み方をする人も
増えています。



スタジオに黒酢、トマト酢、レモン酢、柿酢、
モルトビネガー、ブランデービネガーが登場。




お好きな酢を選んで水や炭酸で割って
お酢ドリンクを作って飲んでいました。

円楽さんが選んだ黒酢は、
アミノ酸をすごくたっぷり含んでいるのと
がんに対しての抑制効果とか動脈硬化予防、
血圧などにすごく効果があるといわれています。

スポンサードリンク

美保純さんが選んだレモン酢は
ビタミンCがもともと豊富で
かんきつ系の香りでリラックスする効果が
あります。

ブランデーもポリフェノールが豊富なので
動脈硬化予防効果とか期待できるとのこと。



【②酢はもち麦と一緒にとると効果的】
酢ともち麦の糖質とビタミンB1を摂取すると、
スタミナアップと疲労回復が得られるそうです。

押し麦でもいいそうです。

番組ではもち麦入りのサラダを食べていました。
塩、こしょう、ワインビネガー、オリーブオイルで
ドレッシングを作り、かけているそうです。

もち麦は水溶性の食物繊維が多いので、
血糖値の急激な上昇を防いでくれま
満腹感を得やすい。

お酢はカルシウムの吸収を
よくしてくれる効果があるので
例えば小魚とかを一緒に食べると
より効果的とのこと。

食物繊維をしっかりとっている人ほど
大腸がんはもちろんほかのがんの抑制にも
つながるそうです。


【③酢の摂取量は1日大さじ1~2杯が目安】
とりすぎは酸が強いので
胃の粘膜に障害がくるためですが
これ以上飲んではいけないというのは
厳密にはないとのこと。

ただ、大さじ1~2杯というのは研究で、
内臓脂肪が低下するとかさまざまな健康効果で
最低とったほうがいいといわれている量。

摂取をやめると効果が消えてしまうので
毎日とり続けることが大事。



視聴者からの質問

視聴者からの質問に小林暁子先生が答えます。

質問「酢にダイエット効果はある?」

答え
ある。
実験をした方々いて
先大さじ1~2杯の酢をとることで
内臓脂肪低下やBMIが低下したりしたそうです。

ラットとか動物だけではなく、
人間でもちゃんと実証されているとのことです。

質問「酢は体を柔らかくするの?」

答え
一生懸命に飲んで、
どんどんやわらかくなることはない。

ただ、筋肉の疲労を回復する効果があるので
酢をとって運動して血流をよくしていけば
もともと持っている柔軟性を引き出す
という意味では効果はあるとのこと。

質問「酢は歯を痛めるって本当?」

答え
歯にエナメル質があって
酢をとってそのままにしていると
そこが溶けてしまうので
お水を飲んで薄めるとよい。

最近はインプラントや
いろいろな複雑な材料があり
日々、進歩していますが、
不安だったら歯の主治医の先生に
酢をとって平気ですかと聞いたほうが
いいとのことです。

質問「酢は料理で熱しても効果は変わらない?」

答え
全く変わらないので
料理にどんどん使ったほうがいいととのこと。

熱することでツンとした感じは取れますが
栄養は損なわれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ