【ヒルナンデス】トイプードル(犬)の飼い方!えさ&運動など!名取裕子

犬、ペット

2017年10月19日放送の「ヒルナンデス」の
「横山裕のエンジョイ!ペットライフ」。

可愛い動物が大好き横山裕さんが
ちょっとディープな動物に会いに行き
魅力や飼い方をプロから学びます。

今回のテーマは「トイプードル」

スポンサードリンク

トイプードル(小型犬)の飼い方

小型犬の飼い方を、横山裕さんが教わります。
これまでも数々の動物と触れ合ってきました。

教えてくれるのは、国際的ブリーダーで
女優の名取裕子さん。

国際的なドッグショーでの優勝経験もあるそうです。

横山裕は飼いたい犬種を聞かれ、
トイプードルが興味があるといいます。

そこで、名取さんとおじゃましたのは
トイプードル専門ブリーダーさんの自宅。

宗英司さんとトイプードル「ぼうや」くん(3歳)が
出迎えてくれました。


トイプードルの特徴

・全犬種中、2番目に賢くしつけもしやすい。
(1位はボーダーコリー)

・穏やかで人懐っこい性格

・毛が抜けにくいので、アレルギーが出にくい

ペット初心者でも安心して飼える
のが人気の秘密。


トイプードルの子犬たちも登場。

トイプードルは大きさで呼び名が変ります。

体重2キロ以下はティーカッププードルと呼ばれ、
マイクロティーカッププードルは大人になっても
1.5キロにみたない。

小型犬は電車や新幹線にも手荷物扱いで
乗せることができ、1乗車一律280円で
新幹線での移動もできるとのこと。

大勢のプードルを同時に育てるのには
しつけ上の理由もあるそうです。

社会化期と呼ばれる生後4ヶ月頃までの期間は、
犬同士で遊ばせることで強調性が身に付き、
大人になってから無駄吠えや噛み癖が
少なくなるとのことです。



トイプードルへのエサやり

生まれてすぐの子犬はミルクのみを飲みますが、
生後1か月を過ぎると歯が生えるため
市販のドッグフードを与えることができます。

毛量の多いトイプードルには
チキンなどで作られる
動物性たんぱく質の多いえさがおすすめ。

毛並みをキレイに保てるそうです。

食べる量は1日50gと少量のため、
1か月の食費も2000円とリーズナブル。



トイプードルの運動

プードルは元々狩猟犬のためため運動が好き。

しかし、体が小さいことから室内で
おもちゃ遊びだけでも十分とのこと。

狩猟本能が残っているので
ボール遊びがオススメ。

運動は1日10分ほどで満足するとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ