【男子ごはん】きりたんぽ鍋のレシピ!秋田県のご当地ごはん

キムチ鍋

2017年10月22日放送の「男子ごはん」は
「ご当地ごはん!秋田県」。

ここではきりたんぽ鍋のレシピのレシピの紹介!

スポンサードリンク

きりたんぽ鍋のレシピ

今回は秋田県のご当地グルメを作ります。

きりたんぽ鍋は
たんぽ、比内地鶏、ごぼう、きのこ、ネギ、セリを
比内地鶏の出汁で煮込んだ
主に秋田県北部のご当地鍋。

秋田焼きそば、きりたんぽ


【きりたんぽ鍋のレシピ】

『材料』(2~3人分)
ごはん→1.5合
鶏もも肉→300g
手羽中→10本
厚揚げ→1枚
マイタケ→1パック
ごぼう→1本(120g)
セリ→1束
長ねぎ→2本
かつおだし→1ℓ

スポンサードリンク

(A)
薄口しょうゆ→大さじ5
みりん→大さじ4
酒→大さじ3
塩→小さじ1/2

『作り方』
1.たんぽを作る。
多めの水で炊いたごはんをボウルに入れ、
濡らしたすりこぎ等で潰す。

手を濡らして細長くまとめる。

グリルで9~10分たまに返しながら
こんがりと焼く。
※グリルがなければフライパンで

2.鶏もも肉はひと口大に切る。
※比内地鶏の代わりに手に入りやすい
鶏肉を使っています

厚揚げは横1㎝幅に切る。
マイタケはほぐす。
ごぼうは少し厚めのささがきにする。
セリは5㎝長さに切る。
長ねぎは斜め4㎝長さに切る。

3.土鍋にかつおだし、
手羽中を入れて火にかける。

沸いたら少し火を弱めて5分煮る。
(A)を加えて混ぜる。
再び沸いてきたら鶏もも肉、厚揚げ、長ねぎ、
ごぼうの順に加えて蓋をしてひと煮する。
※豆腐ではなく厚揚げを加えることで
だしが表面によくしみるのでおいしく仕上がる

鶏肉に火が通ったら①、マイタケ、セリを
加えてひと煮すればできあがり!


横手焼きそばのレシピはこちら↓
【男子ごはん】横手焼きそばのレシピ!秋田県のご当地グルメ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ