【ヒルナンデス】おススメ人気アプリ!出前のウーバーイーツ!

スマホで写真

2017年10月23日放送の「ヒルナンデス」の
「ヒットの法則!とことん調査するンデス! 」
は人気アプリ。


ここではフードデリバリーアプリの
ウーバーイーツの紹介!

スポンサードリンク

ウーバーイーツ(UberEATS)

ウーバー社はアメリカのIT企業。

ウーバーイーツは、
ウーバーが、世界28か国で提供しているサービス。

2016年9月に日本でサービスが開始された
フードデリバリーアプリ。

現在の配達エリアは都内15区の一部地域。

人気の秘密はデリバリー未対応の
お店の料理も出前してくれること。

登録している1000店舗以上のお店の出前がたのめます。

注文は値段にかかわらず
1品からでも可能(配達手数料が380円)。
2店舗から頼めば2回分の手数料がかかります。

平均35分で商品が手元に届くとのこと。

クリスピークリームドーナツなどの
普段行列必死の人気店も
多数登録されています。

お店側はなかなか宅配に
人員を割くことができなかったが、
このアプリを使えば
宅配に人員を割くことなく宅配できます。

ワキヤ 一笑美茶樓も
登録されています。

【人気オーダーベスト3】
1位 五目あんかけ焼きそば
2位 麻婆豆腐
3位 春巻き

【ウーバーイーツ(UberEATS)の使い方!】
使い方は簡単!!
1.ウーバーイーツの
アプリをダウンロード。

スポンサードリンク

2.アプリを開き、
名前、連絡先、クレジットカード、
届けてほしい住所を登録。

3.配達可能な店舗がでるので、
お店を決定し、好きな料理をカートに入れて
注文する。

4.注文したあと玄関先か家の外かで
受け取り場所を選べる。

注文が入るとウーバーイーツは
配達員に連絡します。

その配達員が自転車かスクーターで
お店にとりに行き、注文者の所に届ける
システムになっています。

配達パートナーとは?

このシステムでいちばん画期的なのは
配達員が一般人であること。

配達員は登録制のアルバイトで、
都合の良い時間だけ働けるため学生や主が多い。

現在の配達員は5000人以上。

お店に注文が入ると配達員の中から
そのお店の近くの人に依頼を出します。

配達員は誰でもなれるのではなく
厳正な審査を受けます。

その後、服装や言葉遣いなどに
関する説明会も受け、
そこで初めて登録されます。

また配達員は、
料理を受け渡すレストラン側、
受け取る注文者側の双方から評価を受け、
評価が低い場合は再度説明会を受けたり、
登録打ち切りられたりすることもあるとのこと。

ちなみに料理を注文すると
配達員の顔・名前・評価が表示されます。

また配達員の動きはアプリ上の地図で
リアルタイムチェックができます。

ウーバーイーツは年内には
横浜にもエリアを拡大予定とのことです。


【ヒルナンデス】おススメ人気アプリ!収納サービス「サマリーポケット」

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ