免疫力アップ法は寝ながら腹式呼吸と入浴法!【家庭の医学】

健康法 入浴
2016年2月16日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」
「病気にならない身体をつくる!冬の免疫力アップ法」。

昼食後に20分間“あること”をするだけで「免疫力」アップ
風邪、がんから身体を守る免疫力を簡単に上げられる!?

の紹介。

スポンサードリンク

免疫力とは

いよいよこれからインフルエンザが猛威をふるう時期。
そんなインフルエンザや風邪などの病から私たちを守ってくれているのが、免疫細胞。

外部からインフルエンザウイルスなどの敵が侵入しても、いち早く見つけ出し、やっつけてくれる心強い味方。
インフルエンザや風邪に毎年のようにかかっている人と、ほとんどかからない元気な人を分けているのも、この免疫細胞の強さ、すなわち「免疫力」なのです。

そして実はがんにならないでいられるのも、この「免疫力」のおかげ。

私たちの身体の中では毎日のようにがん化した細胞が生まれているが、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞が体内をパトロールし、こまめに殺してくれることで、がんを発症せずに済んでいるのです。

しかし、この免疫力は、加齢などによって知らず知らずのうちに落ちている可能性があります。

でも実は免疫力アップにつながる新しい事実が、最近の研究で次々とわかってきたとのこと。

この時期、特に知っておきたい免疫力を簡単に上げる方法を紹介。



休んでいる免疫細胞をたたき起こすには食後2時間後に横になり腹式呼吸

免疫力アップのキーワード①
休んでいる免疫細胞をたたき起こす

免疫力を高める生理学研究の権威 信州大学名誉教授大橋俊夫先生によると免疫細胞は異物を発見するとすぐに攻撃し、病から体を守るがパトロールをサボってしまうことがあるという。

一旦低下した免疫細胞を活性化させるには休んでいる免疫細胞をたたき起こすこと。

昼食後に20分間“あること”をするだけで「免疫力」アップするという。
実際に検証をしてみることに。

最近免疫力の衰えを感じているという50代以上の男女3名。

血液検査を実施し、まずは現在の免疫力の状態をチェック。

調べたのはNK活性検査。
日々体内をパトロールしがん細胞などの異物を見つけしだい殺す、まさに免疫力の要・NK細胞の状態を調べる検査です。

基準値は25
この数値を超えていれば通常の免疫力。
下回っていると免疫力が落ちていると判断します。

果たして皆さんのNK活性はどうなっているのか?

56歳女性:NK活性検査→23
54歳男性:NK活性検査→6
71歳男性:NK活性検査→20

3人とも基準値以下でした。
この数値を検証でどこまで上げることができるのか。

検証がスタート。
検証内容は食後2時間後にあることを実施するというもので3人は毎日それを実践。

4日目再び3人の血液検査を実施しNK活性を調査。

その結果、3人全員が免疫力アップを実現することができたのでした。

免疫力をアップさせる方法とは…
食後の2時間後に20分間横になること。

リンパ液の流れを良くするとNK活性が上昇するということが先生のこれまでの研究で明らかになってきました

そのリンパ液の流れを良くする最も手っ取り早い方法こそ横になるということ。

スポンサードリンク

そもそもリンパ液は血液にとっての心臓のようなポンプ機能がないため流れが滞りがち。
そのため立ち姿勢や座り姿勢が続くと重力の影響で流れが悪くなり特に下半身にたまりやすくなるのです。
しかし横になると脚にたまったリンパ液がスムーズに流れ始め上半身へと戻ってきます。
するとリンパ節にたんぱく質が大量に流れ込みNK細胞を刺激。
休んでいたNK細胞が張り切ってパトロールに出かけるようになると考えられるのです。

またそれだけではなく横になっているときあることを合わせて行うと、よりリンパ液の流れをよくすることができるとのこと。

それは腹式呼吸

私たちのおへその上辺りには足や腸からのリンパ液がたまる乳び槽と呼ばれるタンクのような部分があります。

ここはリンパ液がたまると膨らむため、その膨らんだ時に腹式呼吸をすると圧力が加わり、たまったリンパ液を一気に流せるということが先生の研究で明らかになったのです。

そして、食事に含まれる脂肪分の多くは小腸のリンパ管から吸収されます。

そのため食事の2〜3時間後は脂肪分を含む大量のリンパ液が腸から流れ込み、乳び槽が最も膨らむ時間帯。
だから、昼食に限らず食事をして2時間程度たった時間に横になって腹式呼吸をするのがリンパ液を流すのに最も効果的だと考えられるのです。


【食後乳び槽のリンパ液を流す腹式呼吸の方法】

1.手をお腹に置き、呼吸とともにお腹が上下するのを手で確認しながら行う

2.鼻からゆっくり息を吸い、お腹を膨らませ、お腹をへこませることを意識しながら口からゆっくり息を吐く



免疫細胞を鍛えるには41度のお湯に15分程肩まで入浴

免疫力をアップさせるもう1つの方法を教えてもらうため東京都・港区国際医療福祉大学大学院の前田眞治先生の元を尋ねます。

免疫力アップのキーワード②
免疫細胞を鍛える

免疫力アップにつながる2つめのキーワードは免疫細胞を鍛えるというもの。
前田先生はお風呂で免疫細胞を鍛えることができるという。

私たちの体温は皮膚の表面では外気の温度に応じて上がったり下がったりしやすいですが、
身体の内部の温度・深部体温は外気の温度にかかわらず常にほぼ一定に保たれています。

この深部体温をお風呂に入って1度程度上げることでその熱がストレスとなり免疫細胞を鍛えることができる可能性があるというのです。

実は前田先生は入浴がもたらす健康効果について長年研究を続けるスペシャリスト。

先生の研究によるとお風呂の入り方に少し工夫をすることで深部体温を1度前後上げたところNK活性が入浴前のおよそ1.3倍上昇していたといいます。

寝ながら腹式呼吸に加えお風呂で深部体温を上げればさらなる免疫力アップができる可能性が…
ということで再び検証してみることに。

御協力頂くのは先ほどの検証にもご参加頂いたお二人。

先ほどと同様昼食の2時間後に寝ながら腹式呼吸を20分間行って頂き夜お風呂で深部体温を1度前後上げて頂きます。
そして翌日NK活性がどう変化したかを見るのです。


【深部体温を1度上げる入浴法】

41度のお湯に15分程度肩までつかってゆっくり温まる
額に汗がにじんだら、深部体温が1度上がった目安。

検証の結果、1人は腹式呼吸に加えこの入浴をすることでさらにNK活性が13アップ、もう1人は変わらなかったのでした。

しかし、まだ1日だけなので続ければ効果が期待できる可能性があると先生は言います。

寝ながら複式呼吸と41度のお湯に15分の入浴法
ぜひお試しください!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ