【あさイチ】グレーヘアにする方法!移行期の過ごし方

グレーヘアー

2017年10月26日放送の「あさイチ」の「女のニュース」は
今注目! 40代からのグレーヘア。

グレーヘアにするコツやファッションについて紹介!

スポンサードリンク

今注目! 40代からのグレーヘア

白髪をあえて染めない
グレーヘアを選ぶ女性が増えているそうです。

去年からことしにかけて女性誌でも
グレーヘアの特集が次々と組まれました。

こちらの写真集は発行部数1万部のヒット!

自然体がすてきと感じているようなんです。

とはいっても勇気がいります。

そこで、40代でグレーヘアを決断した女性を訪ねました。

去年9月に白髪染めをやめた朝倉さんです。
なぜ、朝倉さんは白髪染めをやめたのでしょうか?

朝倉さんは大学生のころから白髪染めをはじめ、
20年以上スケジュール調整などに惑わされてきました。

さらに白髪染めが体質にも合わなかったそうなんです。
染みたり、頭皮がかぶれたりしたそうです。

グレーヘアになることを決意した朝倉さん。

老けて見られないように始めたのが
髪につやを出すヘアオイル。
(普通に売っているもの)

朝と寝る前、1日に2回、
髪全体に薄く塗ることが日課です。

さらにグレーヘアに似合う口紅の色を発見しました。

スポンサードリンク

以前は薄いピンクでしたが
顔の印象が明るくなることに気付き、
濃いめの赤に変えたのです。

メイクやヘアケアで印象が変わるグレーヘア。

ファッションも重要です。
悩んでいた朝倉さんにアドバイスをくれたのが
グレーヘアスタイリストの花本幸枝さん。

部分的ですけど白髪です。
48歳で白髪染めをやめた花本さん。

今は、グレーヘアのセミナーで講師をしたり、
女性誌でコーディネートをしたりしています。

ポイントはきれいな色を使うこと。
一番のおすすめは赤。

黒髪だと、赤とのコントラストは
きつくなり色が目立ってしまいます。

しかし、グレーヘアは赤のようなビビッドな色でも
コントラストを弱めて
やわらかくきれいに見えます。

でも、赤いコートはちょっと…
という人でも大丈夫。

冬のアウターに多いダークな色でも
若々しく見せるポイントがあります。

きれいな色をちょい足しと
キラキラしたものを足す。

黒のロングカーディガンに赤いストールと
顔の近くにブローチをつけるだけで
華やかな印象に。

グレーヘアにしたからこそ似合う
メイクやファッションに気付き、
今は堂々と楽しんでいるそうです。



グレーヘアの移行期の悩み

しかし、白髪染めをやめてから
グレーヘアの移行期は悩みどころ。

手を抜いているとかズボラだとか
思われがち。

そこで朝倉さんは黒髪にブリーチをかけ
明るい髪色に全体的にしました。

すると生え際の黒と白のコントラストが
目立たなくなりました。

それでも4か月もすると
白髪とブリーチした髪の境目が
目立ってきてしまいました。

こうなってしまったら
隠すしかありません。

朝倉さんは生え際を隠すように
スカーフをまきました。

グレーヘアー


ヘアバンドや帽子
ということもあったそうです。

しかし、半年も頑張れば
ショートカットにできるので、
グレーヘアに変身できるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ