【主治医が見つかる診療所】アンチエイジングヨガで深い呼吸に!

ストレッチ

2017年10月26日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「深い呼吸で美肌&痩せやすい体に大変身SP」。

スポンサードリンク

深い呼吸

1回の呼吸は3秒から5秒が
ちょうど良いと言われています。

呼吸が浅くなりがちな現代人。

実は、深い呼吸ができると、
肌がきれいになり若々しくなる
自然とやせやすい体になる、
免疫力が上がり病気にかかりにくくなる
などいいことずくめ。

それはすべて酸素を使って
エネルギーを作って動いています。

深い呼吸はたくさんの酸素を
取り入れることができるので
新陳代謝が上がるため。



【息がしっかり吐けているかチェック】

1.ティッシュペーパーの端を持ち
顔の下半分を覆うようにあげる。

2.大きく息を吸ってから
ティッシュペーパーを揺らすように
ゆっくりと息を吐き続ける。

3.吐ききった後に、もうひと吐きする。

最後のもうひと吐きができたらOKです

もうひと吐きができなかったり、
途中でむせたり、
ティッシュが揺れなかったら
呼吸が浅い可能性があります。

普段、わたしたちは何気なく呼吸をしていますが、
肺の機能のごく一部しか使えていないといいます。

なので意識して息を吐き切るようにすることが
美容や健康に重要なのです。


アンチエイジングヨガで深い呼吸に

山口・宇部市にある
かわむらクリニックの川村明院長は、
体調不良の人の共通点が浅い呼吸にあると
気がついたそうです。

深い呼吸のポイントは息を吐き切ること。

川村先生はアンチエイジングヨガ
を患者さんに教えています。

アンチエイジングヨガというのは
川村先生が独自に考えた方法。

息を意識して吐き切るのは難しいので
ゆっくりやさしいヨガをすることで
自然と深い呼吸をするようにしていくように
と考えたのがアンチエイジングヨガなのです。

深い呼吸に重要なのは横隔膜と胸郭。

スポンサードリンク

横隔膜はポンプのような役割をする筋肉のこと。
加齢や運動不足で硬くなると
肺を動かす力が弱まります。

胸郭は肺を取り囲んでいる骨のこと。
胸郭の動きが悪いと肺に酸素を
取り込めなくなります。

川村先生のアンチエイジングヨガは
肺のまわりを柔らかくして
深い呼吸が出来るようになります。

【アンチエイジングヨガ】

アンチエイジングヨガ

1.足は肩幅より少し広く、
つま先の角度は45度で立つ。
これが基本姿勢。

2.大きく胸を張り息を吸って背筋を伸ばし
ゆっくりと息を吸う

3.ゆっくり吐きながら、
尾てい骨を両足のカカトの間におろす。
※出来るだけゆっくり息を吐くのがポイント

4.できる範囲で腰をおろしたら
両手で太ももを3回たたく。

5.ゆっくり息を吸いながら
ゆっくりと立ち上がる。

6.ゆっくり息を吐きながらお尻を3回叩く。

これを1日2~3セット行う。

太ももなどを軽く叩くと
アドレナリンが分泌し
代謝や血流がアップ!

ダイエット効果も期待できるとのこと。



【鳥のポーズ】

アンチエイジングヨガ

1.足を腰の幅くらいに開く

2.手を後ろで組み 手のひらを合わせる

3.一度息を吐き 息を吸いながら手を下に伸ばす

4.右足を前に出して息を吐く

5.息を吸いながら重心を前に移動 
この時左足のカカトは浮かせる

6.手を斜め下に伸ばしながら、
胸を開き5秒間キープ。
息は止めず軽く呼吸を続ける

毎日左右1回ずつでOK。


腹式呼吸

また姫野先生は腹式呼吸もおすすめとのこと。

仰向けに寝て本をお腹において
4秒かけて鼻から息を吸う
そして、8秒かけてゆっくり吐く。

お腹で本を下げるように意識するのがポイント。

休憩時間や寝る前などに
1日3回程度行うことで深い呼吸が身につくそうです。


自律神経の整え方はこちら↓
【主治医が見つかる診療所】自律神経の整え方!タッピングやタオルで

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ