【きわめびと】肩こりの真犯人を見つける方法&コリのほぐし方

肩こり、傷み、女性

2017年10月28日放送の「助けて!きわめびと」は
肩こりの真犯人をさがせ!

肩こりの真犯人を見つける方法と
コリをほぐす方法を紹介!

スポンサードリンク

肩こりのきわめびと

肩こりの捜索のきわめびとは、
麻酔科医の北原雅樹さん。

横浜市立大学附属市民総合医療センターの医師で、
肩こりの専門外来を行っていて
予約が殺到しているとのこと。

肩こりの治療を続けても治らない場合
肩こりの原因として挙げられるのは
「脳の勘違い」によって
肩に痛みを生じるケース。

体の他の部分にコリがあるのに、
そのコリが肩や首にあると脳が
考えてしまうというのです。

肩こりに悩む濱田マリさんを
北原雅樹先生が診察。

濱田マリさんはボルダリングを趣味でやっておいて
上半身の筋肉は十分ケアされていたのですが
足(内転筋)の筋肉がこり固まっていのでした。


肩こりと脳が勘違いしやすい筋肉

肩こりと脳が勘違いしやすい主な筋肉の痛み。

胸の「大胸筋」
腕を曲げるのに使う「腕とう骨筋」
背中に走る「脊柱起立筋」
肩甲骨周りの「きょく下筋」「菱形筋」
の5つの筋肉。

肩こりの原因


押していって痛みのある位置を探し、
痛む場所を見つけます。

【コリをほぐす方法】

痛む場所を
筋肉の繊維と垂直方向に
塩コショウを揉み込むような感じで
5~15秒ほどもみ込む

スポンサードリンク

イタ気持ちいいぐらいに。

1日2回ほどもみ込むとよい。。

背中や肩は直接触れながら
探すのが難しいため、テニスボールを
当てながら探すとよい。

こりをほぐすには痛みを感じる部分に
テニスボールを使ってほぐす。

負荷をかけたい場合は腕を上に上げたり
背中全体を動かしてボールを転がすなどするとよい。



肩こりの根本の原因

北原雅樹さんは肩こりの問診で、
普段の生活について細かいことまで聞いて
肩こりの原因を探るとのこと。

事前のアンケートでは
「最終学歴」
「裁判で争っているか」
「家族のトラブルはあるか」
など
肩こりと関係なさそうなことも
聞いています。

北原雅樹さんが肩こりの問診で
探っているのは「日頃のクセ」。

診察を受けた加世子さんは
日頃の寝酒でした。

寝る前に酒を飲むと浅い眠りとなり、
筋肉が休まらず、疲れが蓄積する原因に
なるとのこと。

他にもよくない日ごろのクセは
合わない靴、たばこ、歩きスマホなど。

原因となるクセが見つかったら
そのクセを治し、別のリラックス方法を
見つけるようにします。



心の問題/h4>
肩こりがなかなかなおらない原因には
「心の問題」も。

悩みがあると脳に余計な負担がかかり、
体に悪影響となるとのこと。

例えば介護、育児、離婚、金銭トラブルなど。、

北原雅樹さんは「からだの痛みの電話相談」を
厚労省の支援をもとに立ち上げ、
全国からの相談を受け付けています。

TEL: 0561-57-3000

受け付けは月曜・水曜・木曜の
9時から17時まで。

※この電話から北原雅樹先生の診察の予約は
できないとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ