【たけしの家庭の医学】便秘解消には非刺激性便秘薬!

便秘、トイレ、女性

2017年10月24日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で
「血管の老化を止める(秘)食材&つまずき防止体操」

ここでは便秘について紹介!

スポンサードリンク

刺激性便秘薬の落とし穴

ある調査によると
今や国民の4人に1人が悩んでいるという便秘。

しかも便秘は加齢と共に増える傾向にあり、
60代以上になると男女ともに急増するとのこと。

今年10月3日には、日本で初めて
便秘治療のためのガイドラインが
発表されました。

便秘の治療法・改善法の効果を改めて検証し、
安全で確実な対策がまとめられたもの。

そんなガイドラインの中に
注目すべき事実が。

「便秘の方が陥りがちなある
便秘対策の落とし穴により、
難治性便秘になることがある」
と書かれています。

その落とし穴に陥ると、
大腸が異様な形に変形して
しまうそうです。

実際に落とし穴に嵌ってしまった
大竹さんのケースを紹介。

便秘が始まったのは3年前、
仕事を定年退職したばかりでした。

そして1日1回はあったお通じが、
2日に1回から3日に1回、
4日に1回と、お通じが来ない日が
増えていったのです。

友人に相談すると1日1回あるのが
基本といわれます。

以来、毎日1回のお通じを目指して
たっぷりの野菜を摂取するなど、
様々な便秘対策を行い努力をしました。

しかし効果が出ることはなく、半年後、
5日間ほど便が出ていない大竹さんに
新たな不調が。

腸に溜まったガスが逆流するような感覚に襲われ、
吐き気をもよおしたのです。

不安を感じた大竹さんは、
病院は恥ずかしいので薬局を訪れました。

薬もできるなら飲みたくないと避けてきましたが、
大竹さんは売れ筋No.1の便秘薬を購入。

服用したその翌朝、薬の効果はてきめん。

しかし、飲めばお通じはあるが
飲まないとこない。

そこで、毎日夕食後に
薬を服用するようになりました。

しかし「薬を毎日服用する」という便秘対策こそ、
落とし穴の始まりだったのです。

薬の服用を初めてから1年後、
薬を服用しても、お通じが
来なくなったのです。

身体が薬に慣れたかもと考えた大竹さんは、
1回に飲む薬の量を用量以上に増やしました。

するとその直後はお通じが来るものの、
薬の効きは悪くなる一方。

それに伴い薬の量は増えていき、
ついには1回2錠と定められた3倍、6錠の薬を
朝・昼・晩と3回、1日に18錠の薬を
服用するようになったのです。

最後はそれでも薬の効果が感じられなくなり、
大竹さんの便秘はますますひどくなったのです。

ある日、娘と孫が家に遊びに来た時、
キッチンに立とうとしたその時、
意識を失い倒れ
そのまま救急車で搬送されたのです。

意識を失った原因は、異常な高血圧でした。

便秘に対する不安がストレスとなり、
血圧を急上昇させたのです。

これをきっかけに
ようやく便秘の専門病院へ。

この時の大竹さんの大腸は、
大量に溜まった便により腸の管が太くなり、
重さに耐えきれず形が歪んでいました。

大竹さんは弛緩性便秘になっていました。

スポンサードリンク

腸管神経は、大腸を収縮させ
便を肛門へと運びます。

しかし腸管神経が何らかの理由で
働かなくなると、筋肉がゆるみ
大腸が収縮できず、
便を肛門へと運ぶことが
できなくなります。

これが弛緩性便秘といわれる状態。

こうなると便が溜まり腸の管が膨らみ、
重さに耐えきれず大腸が
垂れ下がってしまうのです。

大竹さんは便秘薬を
間違った使い方をしていました。

大竹さんの服用した薬は、
腸管神経に直接働きかけることで
腸の収縮を起こさせる刺激性便秘薬。

効果は高いものの、「長期連用しない」
という使用上の注意点があります。

大竹さんは大量の薬で
毎日刺激し続けたことで
腸管神経が疲弊し、筋肉が緩み
便を送り出せなくなったのです。

大竹さんは薬の使用を控え、
地道に生活習慣を変えた事で
通常の生活を取り戻す事が出来ました。



便秘の新常識

国立病院機構久里浜医療センターの
水上健先生がスタジオに登場。

内視鏡の専門家で
日本屈指の名医です。



【便秘の新常識】

【①週に3回排便があれば便秘ではない】
週に3回排便できていれば
毎日出ていなくても便秘ではない。

忙しい平日は出ないが、ゆっくりできる
週末に出る人もいるとのこと。


【②刺激性便秘薬の使用は週に2回まで】
週に2回程度の使用であれば、
大腸に問題はないことが
最近の研究で分かってきたとのこと。


【③腸に優しい非刺激性の便秘薬もある】
非刺激性便秘薬は
腸内に水分を集め便を軟らかくして
排便しやすくします。

量さえ気をつければ毎日服用しても
問題ないとのことです。



この日のたけしの家庭の医学の記事↓
【たけしの家庭の医学】奥薗流レシピ!豆腐とさばのドライカレー!血管の老化ストップ

【たけしの家庭の医学】奥薗流レシピ!ドライカレーのあんかけ焼きそば

【たけしの家庭の医学】奥薗流レシピ!ドライカレーのポテトグラタン

【たけしの家庭の医学】高血圧の予防・改善に豆腐に含まれるマグネシウム!

【たけしの家庭の医学】便秘解消には非刺激性便秘薬!

【たけしの家庭の医学】つまずきの原因は身長の縮み!背中の筋肉を鍛える体操も

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ