【世界一受けたい授業】マルトリートメントとは?夫婦喧嘩も

親と子供、絵本

2017年10月28日放送の「世界一受けたい授業」の中の
「子供の脳を変形させるマルトリートメント」

知らずに行っているマルトリートメントなどを紹介!

スポンサードリンク

マルトリートメントとは?

マルトリートメントという言葉を
知っていますか?

意味は”不適切な養育”

心無い言葉や、暴力など子供を傷つける行為
で子供の脳を変形させる
「マルトリートメント」といいます。

最新の研究で、子どもの脳は極度のストレスを感じると
その苦しみから逃れようと自ら変形してしまうことが
わかりました。

すると成長してからうつ病になったり、
視覚野や聴覚野など各部位に影響する危険性が。

児童虐待にまつわる子どもの相談件数は
24年間で約80倍に増加。

このマルトリートメントが
深刻な問題になっています。



家であることを頻繁に見ると、
語彙、理解力が低下すると言います。

それは夫婦げんか。

激しい夫婦喧嘩をみると、
脳がその景色を見たくないと
舌状回という部分が6%縮小し、
言葉の語彙、理解力などの知能が
低下してしまうことがわかっています。


教えてくれるのは
「子どもの脳を傷つける親たち」著者
の福井大学・友田朋美先生。

ハーバード大学との共同研究で
1500人の脳をMRIで調査した友田教授が、
危ない子育てを教えてくれます。


知らずに行っているマルトリートメント

【第5位:過干渉】
子どもが自己管理できる年齢になっても
親がいきすぎた管理をしていると、
信用されていないと子どもが思い、
危険や恐怖心を感じる脳の扁桃体と
呼ばれる部分が変形。

スポンサードリンク

大人になった時
いつもビクビクした人間になってしまいます。


【第4位:長時間のスマホやタブレット】
現在3歳時の47.5%、9歳時の89.9%が
インターネットを使用しています。

しかし、長時間のスマホ利用は
親とのコミュニケーションが極端に減少。

右脳と左脳をつなぐ感情をコントロールする
脳梁という部分が縮小してしまいます。

その結果、集団行動ができなくなってしまのです。

遊ばせるときは1日1時間など
時間を決めて渡すようにします。


【第3位:お風呂上りに裸でウロウロ】
子供が嫌がっているのに続けると
性的マルトリートメント、視覚野が変形し
記憶力や認識能力が低下することも。

子どもが本当に嫌がっているのに
これを続けるのは立派な性的マルトリートメント。

これ以上見たくないと、視覚を司る視覚野が変形し
記憶力や認識能力が低下してしまう。


【第2位:兄弟、友達と比較する】
子供のプライドを傷つけ、
脳に重大なダメージを負う。

結果的に線条体という部分が働かなくなり
成長してからアルコールや薬物依存に陥る
危険性が高まります。

誰かと比較することなく、
本人と向き合いましょう。


【第1位:感情にまかせた暴言】
体への暴力よりも言葉の暴力は
脳へのダメージが大きいことがわかっています。

暴言を受けた子供は
ダメージで聴覚野が肥大し、
耳は健康でも音が聞こえない
心因性難聴を患った例もあります。



ほめ方

成長過程にある子どもの脳は柔らかく
回復力を持っているので、
元に戻らないということはないとのこと。

これには褒めることが重要だそうですが、
親子関係を良くするある言葉とは?

正解は…助かったよ

感謝を正直に伝える事で
自分が役に立っているんだな
と子供は思う事ができるのです。



しかり方

子どもを叱るときは
60秒以内で叱る。

60秒以上は感情的になり
暴言になってしまうため。



子どもの脳を活性化させるコツ

子どもの脳を活性化させるあるコツとは?

それは子どもの言った言葉を繰り返すこと。

親が自分の話を理解していると思えば
子どもが積極的に会話するようになるとのこと。

前頭前野が正常化するという
研究結果も出ているとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ