【世界一受けたい授業】若者の健康異常!難聴、口臭、色覚異常、強迫神経症ほか

少女、兄弟、姉妹、家族

2017年10月28日放送の「世界一受けたい授業」の中の
「近年急増する若者の健康異常とは!?」

若者の異変について教えてくれるのは
奥仲哲弥先生です。

スポンサードリンク



若者の異変

小学生の間で増えている体の異変。

それは腰痛です。

ランドセルが昔と比べて30%重くなった結果
腰痛に悩まされる子供が増加しているのだそうです。



若者の肺炎

様々な病気の低年齢化が問題になっています。
中でも急激に増えているのが若者の肺炎。

10年前までは高齢者の病気と思われていましたが
現代の若者はストレスなどが原因で免疫力が低下。

そのため20代で肺炎を発症する人も
増えてきています。


若者の難聴

先進国の若者の約半分となる
約11億人が難聴危機に瀕し問題となっています。

その原因はイヤホン。

大音量で聴き続けることで耳の中の
蝸牛と呼ばれる部分が傷つき
聴力が落ちてしまいます。

1日の使用は2時間程度に
心がける必要があるとのこと。



口臭の悩み

さらに若者や子どもに
多くなっている悩みが口臭。

この5~6年くらいで
口臭を気にする若者の受診が
2倍に増えているとのこと。

あるものを日常的に使うことが
口臭の原因になると言われています。

そのあるものとは
スマートフォン。

スマホに熱中して顔が下向きになると、
唾液腺が圧迫され唾液が減り、
口が渇きます。

その状態が続くことで
口臭が悪化してしまうのです。

30分~1時間ほど使用したら顎の下の
唾液腺をマッサージしたり、
水分補給をするとよいとのことです。



睡眠時無呼吸症候群

続いての若者が抱える健康異常は
睡眠時無呼吸症候群。

スポンサードリンク

その原因の一つが若者が目標とする小顔化。

小顔だと顎が小さくなり気道が狭くなるため、
寝ている間に気道をふさいでしまう。

逆に太っている人も脂肪で気道が狭くなり
睡眠時無呼吸症候群の危険性があります。

その結果、睡眠の質を大きく下げてしまい
勉強や仕事に支障が出てしまうことも。

睡眠時無呼吸症候群を
家庭で簡単にチェックする方法があります。

それはあっかんべーをすること。

鏡にむかって舌を出して
喉の奥が見えるか確認し、
奥まで見えればOK。

もし見えない場合は
無呼吸症候群の疑いがあります。

その場合は睡眠外来で
マウスピースを作るなどの
対策ができるとのことです。


強迫神経症

特に汚れていないのに手を洗わないと
気が済まない若者が増えています。

自分ではきれい好きだと思うのでしょうが
実は強迫神経症かもしれません。

強迫神経症というのは、
不安な考えが過剰に浮かんできて
抑えられなくなる症状。

そんな不安を打ち消そうと、一定の行動を
何度も何度も繰り返してしまい
日常生活に支障ができてしまいます。

外出するとき、家の施錠や電気のスイッチを
何度も確認したり
トイレットペーパーなどの
消耗品の過剰購など。

解決方法は不安の原因を取り除くこと。

対人関係などの悩みを改善することで
軽減したケースが報告されています。


色覚異常

若い男性の20人に1人が抱えている症状が
色覚異常。

これを自覚していない若者が
急増しているそうです。

赤いバラや木の緑が
黄土色に見えたりして
色の区別がつかないそうです。

色覚異常と診断された会社員Fさんは
街では信号の黄色と赤が似ていて
わかりづらいそうです。

色の判別がつきにくい方は
眼科に行った方がよいそうです。



寝ぼけ食い

アメリカでは若者の
20人に1人が抱える健康異常。

寝ぼけ食いはアメリカの20~30代の女性に
急増している睡眠障害。

昼間無理なダイエットをしている人が
ストレスから夜中に寝ぼけ食いをして、
逆に肥満を引き起こすという
大きな問題になっているとのこと。

これから日本でも増加すると
言われています。

入眠後、一番睡眠が深い3時間以内に
よく起こり、自覚がないとのこと。

無理な食事制限をせず、
運動を交えたダイエットを
心がけましょう。



このように様々な若者の
健康異常が出てくるのは
過剰なストレスや偏った食事などから
免疫力が低下して、軽症だったものが
重症化しているのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ