【爆報!フライデー】松崎しげるは前立腺肥大症と認知症予備軍だった!本山式筋トレ

老夫婦、病気、介護

2017年10月27日放送の「爆報!THEフライデー」の中の
「爆報 芸能人の緊急検査」


前立腺肥大症と認知症予備軍と診断された
松崎しげるさんについて紹介!

スポンサードリンク

松崎しげるさん

1977年に「愛のメモリー」が大ヒットした
松崎しげる(67)さん。

そんな松崎さんは深刻な頻尿に悩まされており、
1日に25回もトイレにいくほど、

そこで人間ドックで調査してもらうことに。

同行するのは「噂の刑事トミーとマツ」で
共演した国広富之さん。

2人は林脳神経外科メディカルクリニックで
10種類の人間ドックをうけました。

数日後、2人の診断結果がわかりました。

国広富之は時に悪いところは
なかったそうです。



前立腺肥大症

松崎さんは前立腺肥大症で
あることが判明しました。

正常なら15~20グラムという前立腺が、
松崎さんの場合、約2倍の45gあり
尿を貯めづらい状態だったのでした。

頻尿ということで先生の勧めで
脳検査を受けることに。


認知症予備軍

「メモリークリニック お茶の水」で
脳検査を受けたところ
「認知症予備軍」との診断も受けました。

実は近年の研究で
認知症と頻尿の関係が判明。

アルツハイマー型の認知症の場合
大脳皮質に異常があるため
尿がたまっていないのに
排尿の指令を間違って
下してしまうそうです。

スポンサードリンク

医師が心配したのが図形テスト。

立方体の図形を書き写すのですが
松崎しげるさんはいびつな立方体を描いていました。

これは空間認知機能が低下。

空間認知機能が低下すると
位置や形・大きさなどが
判別しづらくなるとのこと。

脳波検査では前頭葉の萎縮が
判明しました。


認知症改善のために

そして、現在は
認知症改善効果があるという
本山式筋トレを
実践しているいるとのこと。




【本山式筋トレのやり方】

1.足を肩幅の2倍に開き
手をクロスさせる。

2.10センチの上下運動を
ゆっくりとする

本山式筋トレのやり方



また食生活も改善し
脳の血流を良くするとされるブロッコリーを
毎日食べているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ