【めざましテレビ/ココ調】缶詰アレンジレシピ!ツナコロッケやサバのみそ煮缶deピンチョス

缶詰

2017年10月31日放送の「めざましテレビ」の
「ココ調」はおいしい!オシャレ!最新缶詰事情!

缶詰アレンジレシピを紹介!

スポンサードリンク

缶詰が進化

缶詰は保存食のイメージから、
おしゃれな缶詰やジビエ缶、郷土料理の缶詰など
さまざまに進化しています。

【ラ・カンティーヌ 鯖フィレ】

おしゃれな缶詰




【岩手県産 サヴァ缶】



【いわしの卯の花マリネ】

郷土料理を缶詰で再現。

缶詰アレンジレシピ

缶詰協会公認の缶詰博士・黒川勇人さんによると
缶詰を使ってアレンジして料理にするのが
トレンドとのこと。

【コンビーフタルタルステーキのレシピ】

缶詰博士の黒川勇人さんのレシピ

『材料』(3人分)
ノザキのコンビーフ→ 1缶
玉ねぎ→ 小1/2個
ケッパー→ 15粒
塩コショウ→適量
パセリ→1株

ピクルス→2本
レモン→ 1/2個

『作り方』
1.ボウルにコンビーフを入れほぐし、レモンを絞る。

2.みじん切りにした玉ねぎ、ケッパー、
ピクルスを入れよくと混ぜる。

3.丸い金型に②→パセリ→②の順に入れ
押し固める。

3.金型を抜き、お好みで塩コショウをかけて
くし形に切ったレモンを添えればできがり!


コーンビーフのまろかやかさと
パセリの苦みがうまくマッチングしていておいしいそうです。


スポンサードリンク



【ツナコロッケのレシピ】

60代以上の人のアレンジして食べてみたい
缶詰ランキングの1位はツナ缶。

缶詰専門店のツナ缶のアレンジレシピ。

『材料』(2人分)

ツナ缶(いなばライトツナスーパーノンオイル)→ 2個
玉ねぎ→ 1/4個
じゃがいも→ 2個
チーズ→ 30g
カレー粉→ 少々
塩コショウ→ 適量
料理酒 →15㏄

卵→ 2個
小麦粉→ 適量
パン粉→ 適量

『作り方』
1.フライパンでみじん切りにした玉ねぎを
弱火でいためる。

2.玉ねぎが透明になったら
油を切ったツナと塩コショウをして炒める。

3.ゆでて皮をむいたじゃがいもを潰し、
②を加え混ぜ合わせる。

3.料理酒を加え3等分し、そのままのもの、
チーズを加えたもの、カレー粉入り
の3種類作り、それぞれ好みの大きさに丸める。

4.小麦粉、卵、パン粉の順でをまぶして、
180℃の油で約5分揚げればできあがり!


昔ながらのコロッケのお肉をツナに変えただけ。
お年寄りはもちろん、お子様にもうれしいおかずに!



【サバのみそ煮缶deピンチョスのレシピ】

10代・20代のアレンジして食べてみたい
缶詰ランキングの1位はサバのみそ煮缶。

缶詰博士の黒川勇人さんの
サバのみそ煮缶を使ったレシピ

『材料』(3人分)

サバのみそ煮缶(うまい!さばみそ煮) 1個
バゲット→1/2本
アボカド 1/2個
溶けるチーズ 適量
イタリアンパセリ 適量

『作り方』

1.サバをバゲットにのせやすい大きさにカットする。

2.バゲットに缶詰の煮汁を塗る。

3.②にスライスしたアボカド、①のサバ、
適度な大きさにちぎったチーズの順にのせる。

4.予熱したオーブントースターで約2分加熱。
仕上げにパセリをのせればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ