【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金体操&腹筋15回分の正しい座り方!by中村格子

座り過ぎ

2017年10月31日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座!

ここでは筋肉貯金体操&
1分間で腹筋約15回分の正しい座り方の紹介!

スポンサードリンク

正しい姿勢の座り方

横浜市立大学の客員教授で、
Dr.KAKUKO Sport Clinicの中村格子先生に
教えていただきます。

中村格子先生によると、
正しい姿勢の座り方を1分間するだけで
腹筋約15回分の効果を得られるといいます。

正しくない座り方をしていると、
腰痛や肩こりだけでなく圧迫骨折に
つながるとのこと。



20代~70代の男女50人に、
ロケの内容を言わず待合室で待たせ
どのように座るか座り方を観察。

すると、よくやりがちな座り方をしていました。



【よくないに座り方3位:頭を肩より前に出して座っている】
頭を肩より前に出して座ると
胸の筋肉が縮こまり、
首・背中の筋肉が伸びている状態となり、
筋疲労が溜まって肩こりや人によっては
頚椎椎間板ヘルニアやストレートネックなどに。

首はボウリングの玉1個分あり、
約6kgの頭を支えています。

しかし、15度前に傾けると12kgと倍に。

さらにスマホを触っているときの角度、
60度になると頭の重さは27kgに。

かなり首への負担が大きくなってしまいます。


【よくないに座り方2位:背もたれによりかかる】
体が完全にリラックスして脱力状態となるが、
筋肉をほとんど使わないため筋肉が衰え、
背骨に負担がかかり腰痛の原因になるとのこと。



【よくないに座り方1位:背もたれに寄りかかり、頭を前に出す】
この座り方をすると、
首・腰両方痛めてしまう危険性があります。


スポンサードリンク



【正しい座り方:背もたれ寄りかからず座る】
よりかからず姿勢良く座ることで、
腹直筋や腹横筋が鍛えられるとのこと。

この2つの筋肉を鍛えると体が安定し、
腰痛予防にもなります。



【筋肉貯金ができる正しい座り方】

1.骨盤の中の坐骨の上に均等に体重を乗せて
真ん中に頭の中心が来るように座る。

2.耳、肩、お腹、坐骨を一直線にする。

鼻から息を吸って一番肺に空気が入る姿勢が、
良い姿勢。



【下半身を鍛える筋肉貯金体操】

座ったまま楽に下半身を鍛える体操。

鍛える部分は歩くときに重要な腸腰筋。
ここをきたえれば100歳になっても歩けます

1.正しい姿勢で足は肩幅に開く。

2.上半身を動かさずに片足を少し上げる。

3.左右10回ずつ上げる。

※足を上げるときに息を吐く

上半身は動かさず、
正しい姿勢をキープするのがポイント。

上半身を動かすと骨盤が動き、
腸腰筋を鍛えられない。

下半身を鍛える体操



林修の今でしょ!講座↓
【林修の今でしょ!講座】AYA先生が教える筋肉貯金体操のやり方!

【林修の今でしょ!講座】基礎代謝が上がるスクワットのやり方!太らない体を作る

【林修の今でしょ!講座】猫背&肩こりを防ぐ筋肉貯金体操のやり方

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金体操&腹筋15回分の正しい座り方!by中村格子

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金チェック方法や貯まる食べ方!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ