【林修の今でしょ!講座】基礎代謝が上がるスクワットのやり方!太らない体を作る

体操

2017年10月31日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座!

ここでは基礎代謝が上がる
正しいスクワットのやり方の紹介!

スポンサードリンク

太らない体を作る基礎代謝アップ法

近畿大学の谷本道哉先生に
教えていただきます。

10年前と比べて体重が5kg以上増えていると、
筋肉貯金が減っている可能性があるとのこと。

筋肉があると体力があり活動量が増え、
また筋肉貯金があると基礎代謝が上がるため、
太りにくい体になるとのこと。

基礎代謝は日常生活で消費するエネルギーで、
6割~7割を占めています。

年齢とともに基礎代謝は減っていき
50代の基礎代謝は10代後半に比べ、
1日で200kcal少なくなります。

ダイエットする時は
サイズの大きい筋肉を鍛えると効率的。

全身の筋肉の70%が下半身であるため、
下半身を鍛えると良いそうです。

基礎代謝が上がる正しいスクワットのやり方

背筋を伸ばしてひざとももだけを使う
スクワットは間違ったやり方。

スポンサードリンク

ももとお尻の筋肉を使う
スクワットが正しいやり方。

1.手を胸につけ、
イスに腰掛けるようにしゃがんでいく。

2.立ち上がりますが立ち上がり切る前に
またしゃがむ。

体の力を入れっぱなしで
動作すると自前の加圧トレーニングになります。

10回くらいで効果が出るとのこと。

スクワット


運動する順番

ジョギングと筋トレをする場合は
筋トレを先にしたほうがよいとのこと。

筋トレをすると成長ホルモンと
ノルアドレナリンが分泌され
脂肪分解を進めるため、
先に筋トレをして脂肪を分解すれば
軽い運動でも脂肪を燃焼しやすくなります。



林修の今でしょ!講座↓
【林修の今でしょ!講座】AYA先生が教える筋肉貯金体操のやり方!

【林修の今でしょ!講座】基礎代謝が上がるスクワットのやり方!太らない体を作る

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金体操&腹筋15回分の正しい座り方!by中村格子

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金チェック方法や貯まる食べ方!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ