【ガッテン】シャツの黄ばみ落とし術!台所用洗剤を使う

Yシャツの洗濯

2017年11月1日放送の「ガッテン」は
「あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP」。

シャツの黄ばみがとれる家庭でできる洗濯方法を紹介!

スポンサードリンク

シャツの黄ばみ

衣類の襟元や袖口に現れる、いやな「黄ばみ」。
ちゃんと洗濯しているのに、なぜ黄ばむのでしょうか?

原因は、繊維の奥に残った「皮脂」。
これが酸化して黄ばみとなります。

皮脂は通常の洗濯では完全に
は落としきれないのです。

けれども、クリーニングに出しても、
時間がたつとやっぱり黄ばんだという
話をよく聞きます。

これは時間がたつと酸化したたんぱく質が
黄ばみとなるため。

主な黄ばみの原因
①皮脂などの油溶性汚れ
②たんぱく質などの水溶性汚れ

ドライクリーニングは、
皮脂を落とすことが得意ですが、
水溶性のタンパク質の汚れを
落とすことは苦手。

繊維に残ったタンパク質が酸化して、
黄ばみになるのです。

日本繊維製品消費科学会の会長の大矢勝先生によると
クリーニングに出してから自宅で洗濯すると
黄ばみの元はほとんどなくなり
3か月間は黄ばないそうです。

しかし、それだともったいないですね。

でも、家庭で洗濯してからドライクリーニングに
もっていくと黄ばんでしまいました。

たんぱく質の上には皮脂がかぶさっているので、
先に皮脂汚れをとらなければならないのです。

しかし、家庭でも黄ばみを落とす方法があるといいます。

スポンサードリンク

使うのは台所用洗剤。
洗濯洗剤はさまざまな汚れを落とすことが目的ですが、
台所用洗剤は油汚れを落とすことに特化しているため。


衣類の襟元や袖口黄ばみを落とす方法

【黄ばみを落とす方法】

『用意するもの』
台所用洗剤(濃縮タイプ)→  大さじ1
(通常タイプの場合は大さじ2)

酸素系漂白剤(粉末タイプ)→大さじ半分

水→大さじ2

洗濯洗剤→適量

『やり方』

1.台所用洗剤と酸素系漂白剤、水を混ぜ、
軽く泡立つまでかき混ぜる。

2.黄ばんだ部分に、歯ブラシなどで塗り込み
1分ほど置く。
※黄ばみの程度に合わせて、
置いておく時間は調節します

3.洗濯洗剤を使って、通常どおりに洗濯を行う。

この方法は3ヶ月に1回程度、もしくは衣替えの前に行えばOK!


注意点

・すすぎは十分に行います。

・ウール・シルク・金属繊維には、
粉末タイプの漂白剤は使えにので
液体タイプの漂白剤をお使いください。



【全体的な黄ばみを落とす法】

1.先ほど紹介した台所用洗剤、酸素性漂白剤、
水を混ぜたものを、2リットルの お湯に溶く。
(黄ばみの程度がひどい場合は、台所用洗剤を足す)

2.衣類を10分程度つけ込む。

3.つけた液体ごと洗濯機に入れ、
洗濯洗剤で通常どおりに洗濯を行う。



【クリーニングに出す場合】
「タンパク質」まで落とす法

クリーニング店で
「ドライクリーニング」と「水洗い」の両方を依頼します。

※皮脂やたんぱく質汚れ以外が原因で黄ばんでいる可能性もありますので、
クリーニング店で相談してください。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ