【ヒルナンデス】きのこ特集!インフルエンザを抑えるのはマイタケ

きのこ

2017年11月2日放送の「ヒルナンデス」の
「元気になりたいンデス」は驚きのきのこパワー。

インフルエンザを抑えるきのこ
栄養をしっかりとれる調理法
旨みが3倍アップする方法などを紹介!

スポンサードリンク

驚きのきのこパワー

消化器内科の大竹真一郎先生に
解説していただきます。

日本に生息しているきのこは約10000種類。
そのうち名前があるものが約5000種類。
食べられるものが約200種類。

スーパーなどで販売されているきのこは約10種類。

きのこには免疫機能を正しく働かせる成分や
ビタミン・ミネラルが豊富。

【よく食べるキノコの栄養素】

・しいたけ→ β-グルカンが豊富。
免疫力を高めてくれます。

・ぶなしめじ→ オルニチンが豊富。
疲労回復が期待できます。

・まいたけ→ビタミンDが豊富。
骨粗しょう症予防の効果が期待できます。

・なめこ→ム チンが豊富。
胃の粘膜の保護が期待できます。

・エリンギ→食物繊が豊富。
腸内環境の改善が期待できます。


スポンサードリンク



【栄養がしっかり取れる調理法】

煮る・揚げるよりも「焼く」方法が良い。

・グリルで素焼き
・電子レンジで加熱
のほうがが栄養を逃がさずしっかり摂れます。

実験でも明らかになっています。



【インフルエンザウイルスを抑える効果のあるきのこ】
今年10月に国際栄養学会議で、発表されました。

マイタケにはインフルエンザウイルスを
減らす効果があるということです。

A型のインフルエンザウイルスに
感染させたマウスに
まいたけαーグルカンを与えたマウスと
与えないマウスを比較すると
与えたほうは3日後、
ウイルスの数が1/3に減ったそうです。

今年流行予測されているのがA型なので
マウスの実験ですが
ぜひマイタケを食べておきたいところ。

また、免疫力が弱ったマウスでも
効果があったそうです。


【きのこの旨味が3倍アップする方法】
それは冷凍すること。

実感によると冷凍すると
旨味成分が3倍ほどアップしたそうです。

いったん冷凍したきのこを加熱すると
旨味を作る酵素が働きやすくなるそうです。

しかし、一部のきのこに関しては
食感が悪くなる場合もあるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ