【主治医が見つかる診療所】やせ菌を増やすらっきょうレシピ!そぼろ丼やらっきょうカツ

らっきょう

2017年11月2日放送の「主治医が見つかる診療所」で
「誰もが持っている腸内細菌やせ菌を増やして健康に」

ここではやせ菌を増やすらっきょうレシピを紹介!

スポンサードリンク

「やせ菌」と「デブ菌」

太りやすい人と、太りにくい人がいます。

その違いとは、腸内の「やせ菌」と「デブ菌」の
バランスだといいます。

大食いでもやせている
もえのあずきさん、通称もえあずさんの
腸内細菌を調べました。

腸内細菌のバランスタイプがあります。

B型→脂肪を燃焼する作用が強い
P型→コレステロール値が高くなりやすい
R型→ビタミンB群の合成能力が低い
混合→上のタイプが混合

もえあずさんは
脂肪を燃焼しやすく
肥満を予防する働きが強い
B型でした。

気になる方はこの検査を
受けることができます。

腸内フローラ検査(マイキンソー)
という腸内細菌を調べるキットを
ネットで購入する必要があります。

「Mykinso(マイキンソー)」自宅でできる腸内フローラ検査・腸活で、腸内環境を整え「痩せ体質」「便秘予防」「病気予防」に役立てる。


やせ菌やデブ菌は誰もが持っているそうです。

ではやせ菌を増やすにはどうしたらいいのか。
それはやせ菌にエサを与えることです。

やせ菌をふやすには

やせ菌は短鎖脂肪酸を作り、
腸から吸収され全身の脂肪細胞へ渡り、
脂肪の吸収をブロックしてくれます。

やせ菌が好むエサは食物繊維。

食物繊維には不溶性食物繊維と
水溶性食物繊維があり、
水溶性はやせ菌のエサとなります。

現代人は水溶性食物繊維が
足りていないそうです。

水溶性食物繊維はどんな
食べ物に多く含まれているか。

切り干し大根、納豆、ゴボウ、
かんぴょう(乾)、ごぼう、にんにく
押し麦などが豊富。

しかし、理化学研究所の辨野義己農学博士によると
オススメの食材があるといいます。

それはらっきょう!

さきほどの食材よりも
格段に水溶性食物繊維が豊富。

しかし、らっきょうというとカレーの
付け合わせぐらいです。

普段の生活にもっと
取り入れたいところです。

そこでらっきょうを取り入れる方法を
名産地の鳥取市で調査。

らっきょう農家さんの家に行くと
らっきょうの甘酢漬けがありました。

【らっきょうの甘酢漬けのレシピ】

1.水に砂糖、酢、唐辛子を適量加える
2.そこにらっきょうを入れる
3.約1か月ほど日の当たらない所に
置けば完成。



らっきょうのレシピを教えてもらいます。



スポンサードリンク



らっきょうのレシピ

1日5~15粒程度摂ると
いいと言われます。



【らっきょうカツのレシピ】
1.豚バラ肉に豆板醤を薄く広げる

2.らっきょうを1粒のせて巻く

3.小麦粉、タマゴ、パン粉をつけて、
約5分揚げればできあがり


【らっきょうのチーズ巻きのレシピ】
1.ハムの上に溶けるチーズを重ね、
らっきょうを1粒のせて巻く

2.つまようじを刺して固定

3.180℃のオーブンで
約3分加熱すればできあがり。


【焼きらっきょうのレシピ】
1.早摘みらっきょう(エシャレット)を
お好みで焼く

2.酒、みりん、醤油、砂糖、酢で
作ったタレで頂きます


【らっきょうドレッシングのレシピ】
1.らっきょうを
漬け汁ごとミキサーに入れる

2.オリーブオイル、塩、コショウを加える
3.約10秒ミキサーにかければできあがり。


【らっきょうそぼろ丼のレシピ】
1.らっきょう、シイタケを
みじん切りにする

2.牛挽き肉を炒める

3.らっきょう、シイタケを加えて炒める

4.味噌と合わせた豆板醤を加える

5.ご飯の上にのせてネギをればできあがり!



なめこのレシピはこちら↓
【主治医が見つかる診療所】やせ菌を増やすなめこレシピ!麻婆なめこほか

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ