【世界一受けたい授業】体温を上げる上向きスキップのやり方!川嶋朗

健康法 入浴

2017年11月4日放送の「世界一受けたい授業」の中の
長寿・美肌・ダイエットの秘訣は体温1℃アップ
この冬、体温を上げる4つの習慣。

体温を上げる方法について紹介!

スポンサードリンク

理想の体温は37度

人の体の理想の体温は37度。

人体には酵素が欠かせません。

食べ物の消化や運動、呼吸、免疫機能に
重要な役割を担っています。
その酵素が最も効率よく働く温度が37℃なのです。

逆に体温が下がると酵素の働きが鈍くなり、
新陳代謝が落ちダイエットや美肌に
悪影響を及ぼすことも。

体温が1℃下がるだけで免疫機能は30%も低下。

風邪を引きやすくなるだけでなく、
得意体温が35℃台まで落ちると要注意。

がん細胞が活発になり
寿命を縮める要因にもなってしまいます。

風邪のひきはじめは
お風呂に入り、体を温めるとリンパ球が増えて
治りを早めます。

38~40℃のお風呂で最低10分の全身浴が
おすすめ。

そんな体温アップについて
東京有明医療大学の川嶋朗先生に
教えてもらいます。

川嶋朗先生によると
ストレスが日本人の体温を
下げているといいます。

スポンサードリンク

ストレスが長時間続くと、血管が収縮し、
体温が下がってしまうのです。

長時間のストレスが現代人の体温を
低下させている原因の一つ。



体温を上げる4つの習慣

①朝の生活習慣を変える

長時間の二度寝はNG。

朝起きたらすぐにカーテンを開け、
朝の光を浴びると
自律神経のサイクルが整います。

また、朝シャワーを腰に当てるのもおすすめ。

腰にある仙骨の部分に
お湯を1分徐々に温度を上げると
体温アップに効果的。

※仙骨には内臓の血流をコントロールする神経が
通っていて、体温の上下に大きく関わっているため。


②食生活を変える

朝食に生野菜を食べるのはNG。

生野菜は水分が多く
体を冷やす働きがあります。

体温を上げるにはタンパク質を摂ることが大事。
特に血流が改善できる
納豆ごはんなどがおすすめ。

どんな鍋でも片栗粉でとろみ
をつけると体温を上げることができます。

とろみをつけたつゆはだし汁だけよりも
保温性が高く、熱をもったまま胃腸に入って
長く体を温めることができます。



③服装を変える

羽毛のダウンジャケットを着る時、
中に着る服は薄着にした方が良い。

羽毛は体温が羽毛に伝わり膨張し
薄い服の方が薄いほうが温かく感じます。

ダウンジャケットは体温で羽毛が温まって
膨張して温かさを感じるので
厚着だと衣服の分だけ空気層が薄くなり
熱が伝わらないのです。

羽毛布団でもも同じことが言えます。
羽毛布団の上に毛布をかけた方が効率的です。



④体温を上げる運動

【上向きスキップのやり方】

上を向いて、ももを高く上げて
その場でスキップするだけ。

1日10回、朝食前に行うのがおすすめ。

スキップすることで
下半身の筋肉をしっかりと動かせます。

ふくらはぎの筋肉はポンプの役割をしていて、
血液の流れが良くなり体温が上がります。

上を向く理由は
上を向くことで気道が確保され、
呼吸がゆっくりと長くなります。

それによってリラックスし
血管が開いて血流が改善します。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ