【がっちりマンデー】アクタスは学習机を小さくしたら儲かった!

文房具、机、勉強

2017年11月5日放送の「がっちりマンデー!!」は
「小さくしてがっちり!」。

ここでは学習机を小さくしたら儲かった
アクタスを紹介!

スポンサードリンク

アクタス

東京新宿にある「アクタス」は
インテリアショップを運営しています。

ヨーロッパ家具を中心とし全国で27店舗ある
インテリアショップ。

自社開発で学習机を小さくしたら
1年間で1億円売れたそうです。

何が小さくなったのかというと
奥行き。

通常は70cmほどですが52cmに。

普通の学習机と比較すると、
奥行きを20センチほど縮めた商品を開発。

オプションで付けられる棚も
小さくシンプルになりました。

さらに、コンパクトにした
奥行き50センチのモデルも。
一番小さいものです。

奥行きをさらに2センチ削り、
形も超シンプルにして大ヒット!

小さい学習机シリーズは
「VARIO」「SARCLE」「MEZZO」の3種類。

その累計売上は20億越え!



売れる理由

売れる理由はリビングなどでも置けるコンパクトさ。

今では子供部屋での勉強より
リビングで勉強したほうが成績も上がると、
リビング学習がトレンドになっていそうです。

また、ただ小さいだけではありません。

また親が子どもの勉強を見やすい
なるほどなデザインがあります。

スポンサードリンク

例えば天板の横の出っ張り。
お父さんお母さんがお子様と一緒に
勉強を見てあげることができます。






アクタスの学習机は
フローリングのリビングにマッチする素材と
シンプルなデザインだから
子供が巣立った後は大人も使えるのことです。


この日のがっちりマンデー↓
【がっちりマンデー】ワランティは家電の保険を1日単位で!スマホで簡単加入

【がっちりマンデー】アクタスは学習机を小さくしたら儲かった!

【がっちりマンデー】ナカバヤシは軽くしたロジカル・エアーノートで儲かった!

【がっちりマンデー】洗濯板を小さくして土佐龍は儲かった!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ