【得する人損する人】サイゲン大介の「舟和の芋ようかん」のレシピ

芋ようかん

2016年2月18日放送の「あのニュースで得する人損する人」の中のサイゲン大介の「舟和の芋ようかん」の再現レシピの紹介。

あの名店の芋ようかんは【黒糖】と【粉寒天】を使えばご家庭でも再現できる!

スポンサードリンク

舟和の芋ようかん

「サイゲン大介」こと、神の舌を持つと言われる芸人、うしろシティ 阿諏訪泰義。

自宅には世界中から集めた100種類以上の調味料が並び、料理の腕は一級品!一度食べただけでその味を再現できるという。

再現するのは創業明治35年和菓子の名店「舟和」の名物【芋ようかん】。

その上品な甘さでお土産にしたいスイーツランキングに常にランクイン。
浅草の本店をはじめデパ地下などでも購入できる定番の東京土産!

【舟和の芋ようかん↓】
 



舟和の芋ようかん再現レシピ

スポンサードリンク


【舟和の芋ようかんレシピ】

芋ようかん

『舟和の芋ようかんの材料』(8本分)
さつまいも→750g
黒糖→ 12g
上白糖→ 93g
粉寒天→9g
水→200㏄
塩→1g

『舟和の芋ようかんの作り方』
1.さつまいも(750g)を輪切りにして、皮を厚めにむき、水にさらす。
なめらかにするため厚めに皮をむく

2.水にさらしたさつまいもを水から茹でる。

沸騰したお湯でゆでると、さつまいもがべちゃべちゃになるため水からゆでる

3.沸騰後10分から15分加熱し、一度ザルにあけ水を切る。

4.その後フードプロセッサーでさつまいもをつぶす。
さつまいもをつぶしたらフードプロセッサーに上白糖(93g)、塩(1g)、黒糖(12g)を加え、粘り気が出るようにしっかりかける。
量が多い場合、数回に分けて行います。


フードプロセッサーで混ぜることにより、芋の繊維が断ち切られ粘り気が出て濃厚な芋ようかんになる。

5.④を耐熱容器に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで約3分加熱する。

6.別の鍋で粉寒天(9g)と水(200㏄)を合わせ火にかけ、よく混ぜて寒天を溶かす。

7.⑤のさつまいもに、⑥の寒天を練り込む。

さつまいもが冷めると上手く混ざらなくなるため、温かいうちにすぐに練り込む!

8.型に⑦をヘラで押し込みながら成形し、ラップをして冷蔵庫で12時間ほど冷やせば芋ようかんのできあがり!

芋ようかん


まとめ

この日(2月18日)に放送されたほかの記事はこちら!
【得する人損する人】家事えもんのイタリアン風 豚のしょうが焼きのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ