【得する人損する人】家事えもんのイタリアン風 豚のしょうが焼きのレシピ

しょうが焼き

2016年2月18日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんが伝授!「かけ算レシピ」の紹介!

冷蔵庫の余り物と意外な食材をかけあわせてつくるかけ算レシピ。 

豚肉×トマトジュース→イタリアン風 しょうが焼き

家事えもんことジューシーズ松橋周太呂さんはスザンヌさんと一緒に、
新婚のニッチェの江上さんのお宅を訪問!

スポンサードリンク

野菜たっぷりイタリアン風 豚のしょうが焼き

かけ算レシピ
豚肉×トマトジュース


【野菜たっぷりイタリアン風 豚のしょうが焼きのレシピ】

しょうが焼き

『野菜たっぷりイタリアン風 豚のしょうが焼きの材料』(2~3人分)
タマネギ→1/2個
しょうが→1かけ(10g)

豚肉(肩ロース)→ 12枚
塩、コショウ→少々
スライスチーズ→ 6枚
サラダ油→大さじ2
アスパラ→ 1束

しょうがチューブ→ 大さじ1
しょう油→ 大さじ1.5
みりん→ さじ3
酒→ 大さじ4

家事えもん流濃厚ケチャップ→100g
コーヒーフレッシュ→ 適量

『野菜たっぷりイタリアン風 豚のしょうが焼きの作り方』
1.タマネギ(1/2個)をラップにくるみ、
600Wの電子レンジで1分半ほど加熱し、8等分にカットする。

あとで肉で巻くときに、生焼けを気にせず作れる

2.しょうが(10g)の皮をむく。

皮をスプーンでむくと手を切る心配もなく、子どもでもカンタンに皮むきができる

しょうが焼き

3.皮をむいたしょうがを千切りにし、水にさらしアクを抜く。
耐熱容器に水にさらした状態のまま、ラップをせず600Wの電子レンジで1分ほど加熱する。

4.続いて、豚肉(肩ロース12枚)に塩コショウで下味をつけ、
先ほどレンジでチンしたタマネギを肉にのせ、
その上にひと口大に切ったスライスチーズ、しょうがを何度か重ね合わせ、
最後に豚肉で巻き、丸く成形する。

5.フライパンで食べやすい大きさに切ったアスパラガスを先に炒め、取り出しておき、
油をひいたフライパンに④で作った豚肉を結び目を下になるように置き、焼き色がつくまで焼く。

6.肉に火が通ったら、みりん(大さじ3)、しょう油(大さじ1.5)、しょうが(大さじ1)、酒(大さじ4)を入れ、さらに炒める。

しょうが焼き

このままでも十分おいしそうなのですが、ここから【濃厚ケチャップ】を加えて、しょうが焼きをイタリアン風に変化させる

【濃厚ケチャップ】の作り方は下にあります

7.⑥で炒めたものに家事えもん流濃厚ケチャップ(100g)を入れ煮込む。

8.⑤で炒めたアスパラガスと一緒にお皿に盛り付け、
最後にコーヒーフレッシュをかければタリアン風 豚のしょうが焼き!



スポンサードリンク

家事えもん流 濃厚ケチャップの作り方

1度作っておくとミートソースやキーマカレーなど、
いろいろな料理につかえます!


【家事えもん流 濃厚ケチャップの作り方】

『材料』(1kg分)
ニンジン→1本
タマネギ→ 2個
ホールトマト→ 1缶(400㏄)
トマトジュース(無糖)→ 500㏄
コンソメ→大さじ4
砂糖→ 大さじ3
レモン汁→1個分
塩→少々

『作り方』
1.ニンジン(1本)、タマネギ(2個)は3~4㎝角程度に切り、
ホールトマト1缶(400㏄)、トマトジュース(500㏄)と共に約1分ミキサーにかける。
※量が多い場合、数回に分けてミキサーにかけます。

ミキサーにかけることで、通常2~3時間かかる煮込み時間が大幅に短縮できる

2.鍋にうつして火にかけ、砂糖(大さじ3)を入れる。

保存効果を上げるため、砂糖を加える。

3.レモン汁(1個分)、コンソメ(大さじ4)、塩(少々)を加え、
水分が抜けるまで1時間程煮詰めれば濃厚ケチャップのできあがり!

冷凍すれば約1か月保存できます。

 【濃厚ケチャップ活用法】
濃厚ケチャップ × ひき肉 でミートソース
濃厚ケチャップ × 食べるラー油 で麻婆豆腐
濃厚ケチャップ × ひき肉 × カレー粉 でキーマカレー



まとめ

この日(2月18日)に放送されたほかの記事はこちら!
【得する人損する人】サイゲン大介の「舟和の芋ようかん」のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ