【めざましテレビ/ココ調】2017年新語・流行語大賞ノミネートの認知度1位はひふみん

人流行キーワード語

2017年11月10日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」
は2017年新語・流行語大賞ノミネート!
一足先に大賞を大胆予想!

スポンサードリンク

2017年新語・流行語大賞ノミネート

きのう、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」
にノミネートされた30の言葉が発表されました。

①アウフヘーベン ②インスタ映え

③うつヌケ ④うんこ漢字ドリル

⑤炎上○○ ⑥AIスピーカー

⑦9.98(10秒の壁)⑧共謀罪

⑨GINZA SIX ⑩空前絶後の

⑪けものフレンズ ⑫35億

⑬Jアラート ⑭人生100年時代

⑮睡眠負債 ⑯線状降水帯

⑰忖度(そんたく)⑱ちーがーうーだーろー!

⑲刀剣乱舞 ⑳働き方改革

㉑ハンドスピナー ㉒ひふみん

㉓フェイクニュース ㉔藤井フィーバー

㉕プレミアムフライデー ㉖ポスト真実

㉗魔の2回生 ㉘〇〇ファースト

㉙ユーチューバー ㉚ワンオペ育児

そこで「ココ調」は、
一足先に大賞を予想!

ノミネートされた流行語の
認知度を徹底調査。

街で100人に聞いた新語・流行語30の
候補、その認知度トップ10を紹介。

【新語・流行語30の認知度トップ10】

10位:大ヒットおもちゃ「ハンドスピナー」53%

9位:全国瞬時警報システムの「Jアラート」60%

8位:お笑い芸人・サンシャイン池崎さんの「空前絶後の」61%

7位:「プレミアムフライデー」65%


【6位:「うんこ漢字ドリル」】66%

スポンサードリンク

「うんこ漢字ドリル」は、
小学校で習う漢字およそ3000の例題が、
すべて「うんこ」を用いたものになっていて、
今年3月に発売されると、276万部を超える大ヒットに!

ドリルを考案した会社に伺ってみると
この6冊では物足りないと言われていて、
応用編、発展編を考えているそうです。


【第5位:「ちーがーうーだーろー!」】69%
豊田真由子前衆議院議員が
元政策秘書にはなった「ちーがーうーだーろー!」が
ランクイン!


【第4位:「インスタ映え」】75%
10代、20代にとって、
インスタ映えする写真を
撮ることは日常になっているようです。


【第3位:「35億」】
ブルゾンちえみさん扮するキャリアウーマンの
壮大な決め台詞がブームに。


【第2位:「ユーチューバー」】86%
独自に制作した動画をユーチューブに公開し、
今や中高生のアイドル的存在になっています。

そんな人気ユーチューバーから、
喜びのコメントが。

フィッシャーズのシルクロードさんと
ンダホさん。

7人組の「フィッシャーズ」は、
自然体の体験リポートを得意とする
人気ユーチューバー。

この夏行われた「めざましライブ」でも、
7000人の来場者が駆けつける人気。

シルクロード「知ってもらったからにはみなさんに
当たり前の存在になれたらいいなって思います」

シルク&ンダホ「アデュー!」


【第1位:「ひふみん」】90%

街の人の声は
「癒し系だなと思う」
「かわいい」
「おもしろい」
「笑顔がかわいらしい」
などの声が。

今月2日に胆石性急性胆嚢炎のため、
緊急手術を受けましたが、
みなさん復帰を楽しみに待っているようです。



ちなみに認知度が一番低かったのが
「アウフへーベン」

小池都知事が会見などで言及。
「いったん立ち止まってより上の次元に」
という意味

とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ