【世界一受けたい授業】時短!里芋のとも和えのレシピ!by堀江泰子

麻婆里芋

2017年11月11日放送の
「世界一受けたい授業」の中の
「今年、創刊から100年!
雑誌「主婦の友」で見る近代日本」。

その中の主婦の友にレシピをのせていた
料理研究家の堀江泰子さんの
里芋のとも和えのレシピを紹介!

スポンサードリンク

料理研究家・堀江泰子さん

料理研究家・堀江泰子さんは
「主婦の友」の100年歴史の中で50年以上にわたり
レシピを掲載してきました。

娘・ひろ子さんによると世の中に出ている女性のために
時短料理を一生懸命考えてきたのだそうです。

そこで15分で完成する、泰子さん考案の「里芋のとも和え」を紹介。

泰子さんは94歳で亡くなりましたが、
夫の正夫さんは102歳の現在も
元気に暮らしています。



里芋のとも和えのレシピ

料理研究家堀江泰子さんの時短レシピ。

【里芋のとも和えのレシピ】

『材料』(4人~6人分)
里芋→500g

白ゴマ→大さじ2

砂糖→大さじ2

みそ→大さじ2

※分量外で白ごま少々



スポンサードリンク



『作り方』
1.里芋をキレイに洗い、皮付きのまま
600wの電子レンジで10分加熱する。

2.白ごまをフードプロセッサーに入れて粉砕し、
そこに砂糖・味噌も加えて、なめらかになるまで
フードプロセッサーにかける。

3.①の里芋が熱いうちに皮をむき、
里芋の1/3を②に入れて
なめらかになるまでフードプロセッサーに
かける。
※とろみのある和え衣に。

4.残りの里芋を乱切りにし、③と和える。

5.器にもって、白ごまをふったらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ