【林先生の初耳学】東大生の親の9割の習慣は?ながらスマホが子供をダメにする!

スマホで写真

2017年11月12日放送の「林先生が驚く初耳学」の中の
「林先生の白熱教室!ながらスマホの恐怖」。

東大生の親の9割が実践!
子供の学力をのばす習慣は?

スポンサードリンク

林先生の白熱教室

このままでは日本が危ない。

親のながらスマホが子供たちを
一体どれほどダメにするのか?

家庭教育誌『プレジデントファミリー』が
東大生179人に自身の小学生時代に関する
アンケートを実施。

その結果、子供の学力を伸ばす
たった一つの親の習慣が判明。

実に東大生の親の90%が習慣化していた
子供の学力を伸ばすこととは?

子供の話を聞くこと

世間の親と東大生の親の大きな違いは
たったこれだけのことだったんです。

子供の話してることを親が
一生懸命聞くというのは
当たり前だと思いますが。

それを今難しくしているのがスマホ。
「ながらスマホ」

そこで南カリフォルニア大学とNPOが
今年4月にアンケート実施。

親が自分の事よりもスマホを
大切にしていると感じていることがあると
感じた日本の子供が20%もいたそうです。

そして今回はスタッフにお願いして
ある調査をしてもらったそうです。

10代~20代のカップル100組にンケート。

スポンサードリンク

交際相手が自分よりスマホを大事にしている?
というアンケートに
イエスと答えた人が80%以上だったそうです。

将来、この人たちもいずれ親になるので、
子育てが心配だと先生は言います。


林修をつくった3つの言葉

そして東大出身の林先生も
幼少期にその学習能力を伸ばした鍵は
日ごろ祖父母がかけてくれた
ある言葉にあったといいます。

【①それで】

何か話が終わったときに
「それでどうなるの?」と聞いてあげると、
子供はまた一生懸命考えて話そうとすると
言います。


【②どうしてだと思う?】

林先生は、小さい頃から「何で?何で?」と
色々聞く子供だったそうです。

その時に「どうしてだと思う?」と
聞き返してあげると、子供は「う~んとね…」と
また考えるようになります。

さらに、本屋や図書館へ行って
一緒に調べてくれたりしたそうです。


【③やっぱり修は天才だ】

「よく思いついたね」の
最後の決め手の言葉だそうです。



東大生の親の9割が実践!
子供の学力をのばす習慣は
「子供の話を聞く」

親の言葉ひとつで
子供の未来が変わるのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ