【ごごナマ】たまねぎのハムパン粉焼きのレシピ!皮で紅茶も

玉ねぎ皮茶

2017年11月13日放送のNHK「ごごナマ」は
「にんにくとたまねぎ」。

ここではたまねぎのハムパン粉焼きの
レシピを紹介!

スポンサードリンク

たまねぎのハムパン粉焼きのレシピ

にんにくとたまねぎに共通する成分が
アリシンで、様々な元気の元になります。

管理栄養士で医学博士の本多京子さんに
教えていただきます。

切ったたまねぎを水にさらす人は多いが、
栄養を逃さず取りたいなら水にさらさず
空気にさらすべきとのこと。

水にさらすと栄養が溶け出してしまいます。
15~20分ほど空気にさらすと、
ニオイや辛味の成分が蒸発して、
よりパワーアップします。

【たまねぎのハムパン粉焼きのレシピ】

たまねぎのハムパン粉焼き

『材料』(2人分)
たまねぎ
(直径7~8cmくらい、1cm厚さの輪切り)→ 4枚(200g)

スポンサードリンク

塩・こしょう→ 各少々

(A)
パン粉→1/2カップ
ハム(みじん切り)→4枚
パセリ(みじん切り)→ 大さじ1
マヨネーズ→ 大さじ4

『作り方』

1.ボールに〈A〉を入れてよく混ぜる。

2.耐熱皿にたまねぎをのせ、塩・こしょうをふる。

3.①を4等分にして2にのせる。

4.1000Wのオーブントースターで
焼き色がつくまで5~6分焼き、
その後アルミホイルをかぶせて5~6分、
たまねぎがしんなりするまで焼く。

※好みでケチャップをかけてもよい



たまねぎの皮

たまねぎの皮にはケルセチンという成分があり、
抗酸化作用があるので捨ててしまうのは
もったいないです。

皮は煮出すと紅茶のような色になり、
お茶として飲めます。

試飲した美保純さんによると
「3回煮出した紅茶の味」なのだそうです。

紅茶の茶色と全く同じ成分なのだすです。

お茶にしなくても、スープなどを作る時に煮出して、
皮だけ捨てることもできます。


にんにく辛みそのレシピはこちら↓
【ごごナマ】にんにく辛みそのレシピ!万能調味料

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ