【中居正広の身になる図書館】本田三姉妹の天才脳を開発したツボ!七田チャイルドアカデミー

フィギュアスケート浅田真央

2017年11月13日放送の「中居正広の身になる図書館」は
子供が天才になるツボ全部教えます!

その中のフィギュアスケートで大活躍の本田三姉妹を
育てた七田チャイルドアカデミーについて紹介!

スポンサードリンク

七田チャイルドアカデミー

フィギュアスケートで大活躍の本田三姉妹。

本田真凛さん、16歳。
本田望結さん、13歳。
本田紗来さん、10歳。

本田三姉妹が3歳のころから通っているのが
「七田チャイルドアカデミー」

今回は実際に三人が通った、岡本康裕先生に
子供が劇的に伸びる
ツボを教えてもらいます。



【①1日数分ので記憶力アップ】

実は本田3姉妹、
記憶力がすごくいいそうです。

1回踊れば振り付けを覚えてしますそうです。

教室の様子を見ると、
子どもたちに、先生が図柄カードを
次々と見せています。

図柄の名前を先生と一緒に
高速で読み上げていきます。

何枚もの図柄カードを見せて、
その順番を覚えさせます。

実はこれ継ぎに何の図柄がでてくるのか
覚えさせているのです。

視覚イメージで覚えさせるのが大事。

図柄と図柄を関連づけて覚えるのが重要。

瓶→巣→梨
というように順番で覚えさせるのだそうです。

そのトレーニングをすることで
記憶力アップにつながる

この方法で本当に記憶力アップにつながるのか
脳神経外科医・菅原道仁先生に聞いてみました。

歴史の年号をそのまま魔覚えるよりも
語呂合わせで覚えるのと同じで、
図柄と図柄をあわせて覚えると、記憶した内容を
思い出しやすくなるのだそうです。

【やり方】

1回目→カードの図柄をいっしょに高速で読み上げる。

2回目→ゆっくりと順番におさらい。

3回目→こどもたちは次のカードが何が覚えている。

先生によると3歳から始めれば、
50枚ほどのカードなら1度で覚えると言います。



【②偉人の紙芝居で想像力アップ】

スポンサードリンク

教室では、小学校低学年の子どもたちが、
鑑真の紙芝居を真剣に見ていました。

動画ではなく静止画なので
先生の話を聞きながら想像しないといけません。
それが集中力と想像力アップにつながると
考えているそうです。

1枚の絵から様々なことを想像する。
これが想像力のアップに。
また難しい登場人物を偉人にすると、
より想像力が必要になります。

菅原先生によると、
紙芝居には登場人物の表情や心理が
細かく描かれていて、
「メタ認知」とよばれる
客観的に自分を見る能力が身に付き
想像力がアップにつながります。

また、相手を思いやったり気遣ったり、
感情をコントロールできるようになるとのことです。

とはいえ紙芝居がない場合、
対象年齢よりすこし難しい絵本を読み聞かせても
同じ効果が期待できるとのことです。

このようなトレーニングセットもあります↓



スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ