【たけしの家庭の医学】みかんのβクリプトキサンチンが血糖値を下げる!

みかん

2017年11月14日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「血管の老化を防ぐ2栄養素&新型腰痛を改善」。


ここでは血糖値を下げる黄色の食べ物
みかんについて紹介!

スポンサードリンク

高血糖を予防する栄養素

食べ物の色と健康との関係は
医学界で注目されているそうです。

食べ物の色は、食材に含まれる栄養素と
密接に結びついています。

そんな食べ物の色と健康との関係についての最新研究では、
ある色の食べ物を食べている人は、食べていない人に比べ
2型糖尿病の発症リスクが57%も低下したといいます。

その色は黄色。

旭川医科大学の太田嗣人先生によると、
黄色の食べ物に多く含まれる
βクリプトキサンチンという
栄養素が血糖値を低下させる期待がもてる
とのこと。

最近の研究で、血糖値が高い人は
細胞の中で炎症を起こしていることが
分かってきました。

この炎症がインスリンの効きを悪くします。

βクリプトキサンチンはこの炎症を鎮める効果があり、
インスリンの効きが改善し、血糖値が低下するとのこと。

太田先生の研究でも、糖尿病患者48人に黄色の食べ物を
4ヶ月間を食べてもらったところ、
血糖値が下降したという結果が得られています。

βクリプトキサンチンが豊富な食材は、
今が旬のみかん。

スポンサードリンク

βクリプトキサンチンは柑橘類に
多く含まれていますが、
いよかんやぽんかんと比べても、
みかんは特に豊富に含まれています。

いよかんには270μg、ぽんかんには1000μg
に対してミカンは2000μg。

そしてβクリプトキサンチンは
果肉の部分に多く含まれています。

そして甘いみかんほど
βクリプトキサンチンは多く含まれています。

しかし糖度が高ければ、食べ過ぎると
逆に血糖値を高くする可能性もあります。

なので、1日に食べるみかんの推奨量は3個まで。

βクリプトキサンチンがしっかりとれ、
糖分の摂取としても問題ないと考えられる
個数だとのことです。

また、1度に食べるよりも分けて食べたほうが
よい。
毎食後に食べることで食事の脂分とともに
吸収されやすいとのことです。


この日のたけしの家庭の医学↓
【たけしの家庭の医学】認知症の原因のいびきは抱き枕で横向き睡眠で解消!

【たけしの家庭の医学】新型腰痛(殿皮神経障害)を予防するお尻のストレッチのやり方

【たけしの家庭の医学】レバーや海苔のビタミンBで血管の老化を防止!

【たけしの家庭の医学】みかんのβクリプトキサンチンが血糖値を下げる!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ