【たけしの家庭の医学】認知症の原因のいびきは抱き枕で横向き睡眠で解消!

枕、睡眠

2017年11月14日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「血管の老化を防ぐ2栄養素&新型腰痛を改善」。

ここでは認知症の原因となる
睡眠について紹介!

スポンサードリンク

認知症と睡眠との関係

認知症と睡眠との関係が指摘されています。

認知症最大の原因は、
神経細胞の死滅による脳の萎縮。

日々神経細胞は死滅しますが、
これが異常なスピードで進むと
脳の萎縮が進み、認知機能が低下します。

そして、近年、認知症になりやすい睡眠が
あることが分かりました。

東京医科歯科大学の朝田隆先生によると、
寝ている間、いびきをかいている人は
認知症になるリスクが高くなる
可能性があるそうです。

いびきをかいている状態は
のどがほぼふさがった状態で、
直径5mmのストローで呼吸するのと
変わらないといいます。

いびきをかくことで酸素が取り込めず
低酸素状態に。

この低酸素状態が毎晩続くと
脳の神経細胞が障害を受けます。

低酸素状態が長期間にわたることで
認知症のリスクを揚げてしまう。

睡眠時無呼吸症候群の患者は、
認知症の発症率が約2倍になるそうです。

普段いびきをかいている人は
どれくらい低酸素になっているのか。
4組6名の協力を得て検証。

詳しくは省略しますが、検証の結果、
全員が低酸素ゾーンに陥っていました。

多い人では、トータルで
1時間以上も低酸素状態に
陥っていたのでした。

スポンサードリンク

玉岡明洋先生によると、
低酸素状態が毎晩長年続くと、
認知症のリスクを上げる可能性があると
いいいます。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる人の場合は、
のどに空気を送る装置やマウスピースなどの
治療法があります。

いびきを解消する方法

いびきを解消する最も手軽な方法が、
横向きで寝ること。

いびきは舌が落ち込むことで
気道が狭くなって起きますが、
横向きに寝ることで舌の落ち込みが軽減し、
気道が広がっていびきをかきにくくなります。

そこで、横向きを維持する寝方で
いびきと低酸素状態を改善できるか、
ある男性で検証。

検証のため用意されたのは番組特製の抱き枕。

抱き枕を抱いて寝るだけで、
横向きに寝やすくなりいびきを改善できます。

抱き枕を抱くことで、
身体の両面にかかる負担が分散し、
横向きを楽に維持できます。

さらに仰向けになっても
楽な横向きに戻りやすいとのこと。

すると改善前に比べ、
仰向けの時間は4時間10分から18分に、
低酸素ゾーンの時間は1時間6分から10分に
激減したのでした。



この日のたけしの家庭の医学↓
【たけしの家庭の医学】認知症の原因のいびきは抱き枕で横向き睡眠で解消!

【たけしの家庭の医学】新型腰痛(殿皮神経障害)を予防するお尻のストレッチのやり方

【たけしの家庭の医学】レバーや海苔のビタミンBで血管の老化を防止!

【たけしの家庭の医学】みかんのβクリプトキサンチンが血糖値を下げる!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ