NHK【ごごナマ】ほうれん草のバターしゃぶしゃぶ&厚揚げのヤンニョムナムルのレシピ!

ほうれん草

2017年11月15日放送のNHK「ごごナマ」のテーマは
寒くなるこれからが美味!小松菜とほうれんそう。

ほうれんそうのバターしゃぶしゃぶ&
ほうれんそうと厚揚げの
薬念(ヤンニョム)ナムルのレシピの紹介!

スポンサードリンク

ほうれん草の栄養

ほうれんそうに含まれる栄養素は
β-カロテン、ビタミンC、鉄分、葉酸など。

ビタミンCは特に冬に多くなり、夏よりも約3倍ほど多い。

小松菜と違ってシュウ酸を含むので、
生のままではえぐみがあるほか有害のため、
熱を通す必要があります。

ゆで方のポイントはビタミンCは熱に弱いので
できるだけ、短時間のほうがいい。

根元から湯に入れ、火が通ったら湯に落として全体をゆで、
色が変わったらすぐ水にとるとよいとのことです。



ほうれん草のレシピ

【ほうれんそうのバターしゃぶしゃぶのレシピ】

『材料』(2人分)
ほうれんそう→1/2ワ(150g)
ポン酢しょうゆ→適量
バター(冷たいもの)→2かけ(20g)
豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)→200g

『作り方』
1.ほうれんそうはきれいに洗って
根元を切り落とし、長さを半分に切る。

2.小皿にポン酢しょうゆ、
冷たいバターを入れる。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、
ほうれんそうを少しずつ箸で取って湯にくぐらせ、
軽く湯をきってバターを溶かしながら
ポン酢しょうゆにつけて食べる。

4.ほうれんそうを食べ終わったら、
鍋の湯を新しいものに替え、
豚肉をしゃぶしゃぶにする。

※先にしゃぶしゃぶにしたほうれんそうと
合わせてポン酢しょうゆで一緒に食べても。

バターの油分がほうれんそうのβ-カロテンなどの
吸収を高めます。
豚肉と一緒に食べると、
ほうれんそうの鉄分の吸収を助けることができます。



スポンサードリンク



【ほうれんそうと厚揚げの薬念(ヤンニョム)ナムルのレシピ】

同じ鍋で材料を順にゆでて韓国風のたれであえるだけ。

『材料』(2人分)
ほうれんそう→1/2ワ(150g)
にんじん→小1/4本(30g)
厚揚げ→ 1/2枚(100g)
 
(A〉)
すりごま(白)→大さじ2
ねぎ(みじん切り)→1/3本(20g)
にんにく(すりおろし)→小さじ1/2
赤とうがらし(小口切り)→1/2本分
しょうゆ→大さじ1
みりん→小さじ1

『作り方』
1.にんじんは3cmの短冊状に切る。
大き目の鍋に湯を沸かして塩少々(分量外)を加え、
にんじんをゆでてざるにあげ、湯をきる。

2.①の鍋に厚揚げを入れて油抜きし、
ざるにとって湯をきり、一口大にちぎる。

3.2の鍋にほうれんそうを入れてゆで、
水に取って冷まし、水けを絞って3cm長さに切る。

4.ボウルに(A)を合わせ、①、②、③をあえて
器に盛ればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ