【ガッテン】悪玉より悪いレムナントコレステロール!計算法や下げる食事法も

病気、血圧計

2017年11月15日放送の「ガッテン」は
「 コレステロールの新常識SP 
一番注意すべきはコレだ!」。

悪玉より極悪のレムナントコレステロールについてや
non(ノン)-HDLコレステロールの計算法や食事法を紹介!

スポンサードリンク

HDL・LDLコレステロールの働き

HDL・LDLコレステロールは別の呼び方で
HDLが善玉コレステロール、LDLが悪玉コレステロール
と呼ばれています。

コレステロールは細胞の中に存在し、
細胞膜を作る材料になっています。

けれども徐々に劣化してくると、
細胞から血管を通り回収され、
少なくなってくると新鮮なコレステロールが
運ばれてきます。

この回収してくれるものが
善玉コレステロール、
新しいものを配達してくれるのが
悪玉コレステロールです。

配達してくれのになぜ悪玉かというと、
細胞に届けた後が問題なのです。

新しいコレステロールがいっぱになると
血管内にのこしていってしまうのです。

血液に残ったコレステロールは
マクロファージと呼ばれる白血球の一種が
コレステロールを食べてくれます。

しかしコレステロールを食べ過ぎると
マクロファージは死んでしまうのです。

そして、マクロファージの死骸が
血管の壁を押し上げ、
血液の流れが悪くなってしまいます。

こうして動脈硬化やプラークという
コブの状態になり危険になってしまいます。

なので悪玉が増えないほうがいいのです。



レムナントコレステロール

悪玉と善玉を足したのが
総コレステロールと呼ばれてきましたが、
実は検査表の悪玉と善玉を足しても
総コレステロールにはなりません。

しかも数値の差が大きい人と小さい人がいます。

中嶋克行さんは善玉でも悪玉でもない
コレステロールの存在を明らかにし
日本で初めてザック賞を受賞しました。

この足りない分は一体なんなのか?
その多くは「レムナントコレステロール」。

「レムナント」とは英語で「残り物」の意味です。

マクロファージが悪玉とレムナントの
どちらを多く食べるか調べた結果、
レムナントは悪玉の4倍以上食べていたのでした。

マクロファージは悪玉よりレムナントのほうが
好きなため、動脈硬化などの原因になりやすい。

ウサギの実験ですが、動脈硬化を起こした
ウサギの血管を調べてみたら、
血管に入り込んでいたコレステロールの7割が
レムナントだったという報告もあります。

スポンサードリンク



簡単な計算で分かるnon(ノン)-HDLコレステロール

レムナントや悪玉コレステロールなど、
血管に悪さをするコレステロールのことを、
「non-HDLコレステロール」といいます。

文字通り、善玉コレステロール(HDL)で
はないコレステロールという意味です。

non-HDLコレステロールは
計算で数値を出すことできます。

(総コレステロールの数値)-(善玉コレステロールの数値)
=(non-HDLコレステロール)

※検査表によっては総コレステロールの
記載がないものもあります。
その場合は悪玉コレステロールに
30を足した数値が目安となります

例えば善玉の数値が45。悪玉が120。
総コレステロール値が210だとすると
210-45=165

non-HDLコレステロールは
この場合165になります。

総悪玉の数値には基準値があります。

150~169以上→やや危険。
170以上→危険

40代から70代の男女60名で、
全員が悪玉も善玉も総コレステロールも
全て正常な人で調べたところ
60人中8人が総悪玉要注意という結果に
なったのでした。

診断結果で善玉と悪玉の2項目だけしか
なかいのはレムナントコレステロールの測定には
時間とコストがかかるため健康診断で測りにくい
とのことです。

・肥満気味の人
・中性脂肪が高い人
・糖尿病の人
はnon-HDL(総悪玉)コレステロールが
上がる傾向にあるそうです。

また、レムナントコレステロールは
脂っこい食事や食事のとりすぎなど、
食事の内容によっても
上がる傾向にあるとのこと。

コレステロールは数値自体も大切ですが
以前の数値と見比べ、
変化を知ることも大切です。



レムナント&悪玉コレステロールの対策

食べ過ぎはNG。
総悪玉を増やす大きな原因になります。
中でも肉などに含まれる飽和脂肪酸には要注意。

おすすめは大豆類や野菜をたくさん取ること。
食物繊維はコレステロールの吸収を抑えてくれます。

さらにぜひ取り入れたいのが魚。

青魚に含まれているEPAは
総悪玉を下げてくれる事が分かってきています。
特にサバはEPAが多い。

総悪玉が多かった3人に
魚の効果を確かめてもらいました。

2週間魚中心の生活をしてもらったところ
その結果3人ともnon-HDLコレステロール値は
正常値の範囲まで下がったのでした。

また、善玉コレステロールを増やすことも大切。
善玉を増やす一番の近道は運動。
30分の有酸素運動を週3回するのがオススメ。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ