【アメトーーク】読書芸人の今年(2017年)の本!又吉、東野、カズレーザー、光浦

本、カフェ、休憩

2017年11月16日放送の「アメトーーク!」は
「本屋で読書芸人!今年読んだ好きな本」。

東野幸治、オアシズ光浦靖子、
ピース又吉、カズレーザー
の今年読んだ好きな本

スポンサードリンク

東野幸治さんが2017年に読んだ本

【蜜蜂と遠雷(恩田陸) 】

ピアノコンクールを舞台い才能と運命、
音楽を描いた青春小説


【 全裸監督 村西とおる伝 (本橋 信宏)】



【 ルビンの壺が割れた(宿野かほる)】

30年ぶりに元カレから
フェイスブックでメッセージ。

フェイスブックのやり取りだけのお話。

作者のことは編集者しか知らないようです。


【明るい夜に出かけて(佐藤多佳子) 】

アルコ&ピースのラジオが舞台。
ラジオのリスナー同士の交流を描いた小説。


【教団X(中村文則) 】

前作品は教団Xでした。

近未来の独裁国家、
R帝国を舞台にした不穏な物語。



【 紀州のドン・ファン(野崎幸助)】

美女と交際するには
お金がなくてはと思い起業した物語。

ナンパテクニックも紹介しているそうです。



光浦靖子さんが読んだ本

【 i(アイ)西 加奈子】

「サラバ!」の著書の西加奈子さんの本。

アメリカ人の父と日本人の母の養子に
なったシリア人の女の子のお話。

わたしだけ幸せでいいのかと
自分で追い込んでしまうお話だそうです。


【臣女(吉村萬壱) 】

夫の浮気を知った妻は、ある日体が巨大化していく。

ほとんど糞尿の話なのだそうですが
島津恋愛文学賞を受賞したそうです。


【 ピンポン(パク・ミンギュ)】

いじめられっ子の男子中学生2人が
原っぱで卓球を…。

ほろッとする話から途中から
宇宙人が出てきて人類存亡をかけた試合に
臨むことになるそうです。



【罪の声(塩田武士) 】

未解決の「グリコ・森永事件」をフィクションで推理。


【東京自叙伝(奥泉 光) 】




【 星の子(今村夏子)】



又吉さんが読んだ本

 

【ビニール傘(岸政彦) 】

大阪の片隅で暮らす若く貧しい男女の物語。


【歩道橋の魔術師(呉明益) 】

スポンサードリンク



【 成功者K(羽田圭介)】

羽田さん本人の芥川賞受賞後の実話かフィクションなのか
わからなくなるようなお話。


【表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬(若林正恭) 】

オードリー若林さんの作品。

キューバ旅行3泊5日のエッセイ。



【R帝国(中村文則) 】

芥川賞作家。

又吉さんは昔から中村文則のファンで、
本の登場人物は暗いが、本人は
すごく明るいそうです。



【 i(アイ)西 加奈子】




【しんせかい(山下澄人) 】

芥川賞作家で富良野塾出身。

19歳の主人公が遠くにある演劇塾に入り
過酷な農作業をしながら稽古に励む2年間を描く内容。



【ゆらぐ玉の緒(古井由吉) 】

短編集。
光浦靖子さんには難しかったそうです。



【 神秘大通り(ジョン・アーヴィング)】




【 1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった(せきしろ) 】



カズレーザーさんが読んだ本

 

【  応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱(呉座 勇一)】

応仁の乱 をわかりやすく説明した本。
40万部を突破しているそうです。


【サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ) 】

東野さんに薦められた本。
東野は上巻しか読んでないそうです。
でも上巻の前半がすごい
おもしろいのだそうです。

人類が始まって繁栄するまでの
軌跡をおもしろく描いた本。



【実践・超日常英会話(ムー公式) 】

英語の実用書。
例文がムー的でおもしろい。


【妻に捧げた1778話(眉村卓)】

余命1年を宣告された妻のために
毎日1篇の話を書き続けた内容。

最終回のエピソードは
本当に読んでほしいそうです。



【上川 敦志  スティーブ・ジョブズ】




読書芸人のおすすめの本はこちら↓
【アメトーーク】読書芸人のおすすめの本!又吉、カズレーザー、光浦靖子

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ