【アメトーーク】読書芸人のおすすめの本!又吉、カズレーザー、光浦靖子

本、絵本

2017年11月16日放送の「アメトーーク!」は
「本屋で読書芸人!今年読んだ好きな本」。

オアシズ光浦靖子、
ピース又吉、カズレーザー
のおススメの本を紹介!

スポンサードリンク

読書芸人のおすすめの本

【ゴランノスポン(町田 康) 】

ピース又吉さん推薦の本。 

ハッピーと魔力の混沌を描く短編。



【夜の谷を行く (桐野夏生) 】

光浦さん推薦の本 

連合赤軍にかかわった
1人の女性の死と再生の物語。



【岳飛伝<青雲篇> (田中 芳樹) 】

カズレーザーさん推薦の本


中国最大の名将、岳飛の誕生と成長
戦いを描いた大我歴史スペクタル。

ポップなノリで読みやすい。


【走れメロス (太宰治) 】

又吉先生プレゼンの本。

 

大人になって読むとすごくおもしろい。

照英さんがメロスと考えて読むとおもしろい。


【沢田さんのほくろ (宮川ひろ) 】

又吉先生プレゼンの本。 

スポンサードリンク

おはじき [教科書にでてくる日本の名作童話(第1期)]

一番最初に感情移入できた本。



【残像に口紅を (筒井康隆) 】

カズレーサーさんプレゼンの本。

1文字ずつ言葉が消えていく世界を
描いた実験的小説。

「幽遊白書」の元ネタでもあるそうです。

後半は袋とじになっていて、
読む気を失った方は袋とじを開けずに
もってこれば返金すると書かれていた
のでした。


【生者と死者(泡坂妻夫)】

カズレーサーさんプレゼンの本。

後ろが袋とじになっていて
開くと短編から長編に変わるそうです。



【 八日目の蝉(角田光代)】

光浦さんプレゼンの泣ける小説

愛人が正室の子を誘拐して育てるお話。



【ねこのおうち (柳美里)】

光浦さんプレゼンの泣ける小説。

公園で生まれた6匹の猫と
その家族が奏でる命の物語となっています。


読書芸人の今年呼んだ本はこちら↓
【アメトーーク】読書芸人の今年(2017年)の本!又吉、東野、カズレーザー、光浦

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ