【世界一受けたい授業】靴ひものダブルアイレットの結び方!マラソン完走法!

ジョギング術
 
2017年11月18日放送の「世界一受けたい授業」
の中の「タイプ別誰でも出来るマラソン完走法」。

誰でもできるマラソン完走法を
マラソントレーナ・坂本雄次先生に
教えてもらいます。

スポンサードリンク

誰でもできるマラソン完走法

坂本雄次先生は今年の24時間テレビで
ブルゾンちえみさんの完走を
サポートしていました。

51歳の宮川一朗太さんが坂本先生から
指導をうけます。

普段は全く運動をしていないそうです。

まずはシューズ選びから。
衝撃を吸収して反発力を生み出してくれる
初心者は底が厚いタイプがオススメとのこと。


靴紐の結び方

靴紐の結び方も重要。

足を痛めないための
靴ヒモの正しい結び方は
ダブルアイレット。

ポイントは靴の一番上の2つの穴。

靴ひもダブルアイレットの結び方

【ダブルアイレットの結び方】

スポンサードリンク

1.普通に靴紐を編み上げていき
2つの穴の外側に輪を作るようにヒモを通す

靴ひもダブルアイレットの結び方

2.反対側も同様に輪を作る

3.左右の輪に反対側のヒモを通し締め上げる

靴ひもダブルアイレットの結び方

4.真ん中で結んで完成。

こうすることで、
かかとががっちりホールドされ、
走っても靴の中で、
足がずれないのです。



正しいフォーム

シューズを選んだらフォームを確認。
宮川が100m走っただけで坂本先生は
欠点を3つ見抜きました。

①走る姿勢→前傾が深い
②腕振りが小さい
③足の裏全体で着地

正しい姿勢は体を真っ直ぐにして
50m先を見て大きく後ろに腕を振り上げ、
かかとから着地します。


最後の1分

最後の1分は全力でラストスパートします。
これにより心肺機能や前進の筋肉が刺激され
走力がアップします。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ