【あさイチ】特技を売るフリマが人気!

手帳文房具コーヒー

2017年11月20日放送の「あさイチ」の
「女のニュース」は
広がるスキルマーケット

特技を売るフリマについて紹介!

スポンサードリンク

特技をうるフリマ

今、ネットのフリーマーケットが
はやっています。

ものを売り買いするわけですが、
ものだけではないのです。

2歳の娘を育てるかたわら
自分の特技で稼いでいるという
主婦の美由貴さん。

その特技とは、絵を描くこと。

物心がついたときからずっと
絵が好きだったといいます。

もともとは趣味だった絵を仕事にできたのは
このサイト(ココナラ)があったから。

個人が得意なことをサービスとして販売できる
特技のフリーマーケットです。

美由貴さんは似顔絵やイラストを
注文を受けて描きデータで提供しています。

価格は1000円から3000円ほど。

買った人はどんなふうに
使っているんでしょうか。

沖縄で薬局を営む備瀬紀子さん。
店のブログやチラシに載せるイラストを
美由貴さんに依頼しました。

値段は2500円。

以前、プロのイラストレーターに頼んだときは
3万円かかりましたが、
今回は大幅にコストダウン。
さらに、仕上がりも希望どおりだったそうです。

美由貴さんは、育児の合間を利用して、
1年に50件ほどの依頼を受けています。

自分の特技で得たお金には
何にも代えがたい喜びがあるそうです。

ここ最近細かなニーズに合わせた
さまざまなサイトが登場していて
利用者も増えています。

サービスのジャンルは自分に合った
おしゃれの相談からちょっとした家事の代行まで
多岐に渡ります。

中には、お手頃な価格で
ユニークなアイデアを販売している人も。

思い出に残るクリスマスのデートプランを
考えてくれるサービスや
電話で夫の愚痴を聞きます
なんてサービスもあります。

最近では売り手どうしで交流し
サービス向上のための情報交換も
行われています。

スポンサードリンク

ネットで特技を売ることを
自分のステップアップに
つなげようと考えている人もいます。

出産と育児で4年ほど仕事を休んでいる
飯島さん。

飯島さんは学生時代陸上競技で活躍し
体育の教員免許も取得しました。

それを生かそうと考えたのが
運動が苦手な子どもにかけっこや鉄棒などを
教えるサービスです。

初めて受けた相談は5歳の息子を持つお父さん。

保育園の体操の時間に
1人だけ鉄棒の前回りができずに
悩んでいるという内容でした。

飯島さんが教えたのは
前回りをするための段階的な練習方法。

動画を探して紹介するなど
なるべく具体的に伝えることを
心がけながらメールのやり取りを繰り返しました。

初めてのネットでの指導でしたが
手応えを感じたそうです。

こうしたちょっとした活動を積み重ねることで
自分のスキルを磨いていきたいと考えているそうです。



注意する点

ネットに詳しい
弁護士の早川弁護士に伺いました。

頭に置いてほしいのは
個人間の取り引きになること。

基本的には自己責任。

悪質な人が入らないように
運営者側も注意していますが
完璧に取り締まりができるわけでは
ありません。

具体的に気をつけるポイント。

商品を購入する際に参考になるのが
利用者数、口コミです。

どのぐらいの人が利用しているのか、
その結果どうだったのか、
すべてうのみするわけにはいかないですが
1つの参考にはなります。

また、似顔絵を描いてほしいときなどには、
家族写真を送ったりします。
そういうプライバシー情報を提供するときは
十分に慎重に検討してください。

もし分からない、不安がある場合は
商品を提供している人に
直接メールなどで問い合わせて
納得してから購入するということが大切。

サイトの運営側の取り分は、
サイトにもよりますが
大体2、3割の手数料を取っている
運営会社が多いとのことです。

サイトは種類が多いので出品する側も
価格設定が自由に決められたりします。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ