【名医のTHE太鼓判】冷え性改善に冷えとりスクワット!カラテカの矢部

冷え症、寒い、冬、女性

2017年11月20日放送の「名医のTHE太鼓判!」で
「体型別で気をつけたい病SP冷え性・腰痛・血糖値」。

冷え性改善に冷えとりスクワットのやり方を紹介!

スポンサードリンク

冷え性

街で痩せぎみの人50人に悩みを聞くと
1番多かったのが冷え性で
2人に1人が悩まされていました。

20年以上冷え性に悩まされている
カラテカの矢部太郎さん。

身長158cm体重41kgでBMIは16.4。

MRIで血流を調べると足の血管が
ほとんど映っていなかったのでした。

これは血流が悪いため
指先の細い血管が映らないことが原因。

血流が悪い原因を調べると筋肉量は女性と
ほぼ同じ数値で、
この筋肉量の少なさが冷えと関係して
いるそうです。

筋肉には血流を促す働きがあり、
筋肉が少ないと血流が悪化し
体の冷えにつながるとのこと。

矢部太郎さんの1日

矢部太郎さんのある日の生活に
密着しました。

朝は毎朝葛根湯を飲んでいるそうで
葛根湯とコーヒーのみ。

仕事場へ向かうと昼食はバナナ1本のみ。

帰宅し夕食はご飯とわかめの味噌汁を食べるも
半分ずつ残したのでした。

スポンサードリンク

この日矢部太郎さんが摂取したのは
270kcalであまりにも少なすぎるとのこと。


丸田佳奈先生が「葛根湯は
風邪のひき始めに効くといわれていて
それは発刊を促し熱を下げるから。

矢部さんには向いていないです。」
というと
矢部さんは「毎朝起きたら風邪のひき始め
のような感じなんです」
といっていました…。



冷えとりスクワットのやり方

丸田佳奈先生が、冷えとりスクワットを
教えてくれました。

筋肉の7割が集中する下半身を鍛えると、
血流改善に効果が期待できます。

【冷えとりスクワットのやり方】

1.足を腰幅に広げ、足先をやや外側にむける

2.ヒザをつま先より前に出さないで、
お尻を突き出すようにかがむ。


手は胸で組んでいましたが、こんな感じ↓

スクワット

10回1セットを1日3セットを
目安に行う事で効果が期待できます。

矢部さんはうまくできませんでした。

冷えとりスクワットがむずかしい場合は、
壁を背にして壁に上下にして行うと
比較的楽に行う事ができるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ