【この差って何ですか】こんにゃくレシピ!こんかつ&から揚げ!肌ツヤのセラミド

こんにゃく

2017年11月21日放送の「この差って何ですか?」で
60歳を超えても「肌ツヤが良い人」と「良くない人」の差
がとりあげられました。

肌ツヤによいこんにゃくレシピを紹介!

スポンサードリンク

60歳を超えても「肌ツヤが良い人」と「良くない人」の差

髙瀬聡子先生によるとこの差は
皮丘がキレイに整っているかどうか。

肌ツヤが良い人は
光を肌がキレイに反射している状態で
皮丘(ひきゅう)がキレイに整っています。

「皮丘」を整えるのに1番重要なのは”肌の水分量”。

そのためには、肌の水分量を保つことが重要。

その方法としては、
水をたくさん飲むことも重要なのですが、
吸収した水を肌の中で蓄えることがもっと重要。

その重要な役割をしているのが日頃の食事。



肌ツヤが良くなる食べ物

【とんかつ】

豚肉は、肌に良いビタミンB1が豊富。

そして、揚げ物がオススメ。
油分により水分が逃げるのを防いでくれます。

女性は男性に比べ皮脂分泌量が減る傾向が
大きく、女性は20代頃から減っていくので
特に適度な油をとった方が良い。


【こんにゃく】

こんにゃく芋に含まれる
グルコシルセラミドという成分が
肌の水分量に大切なセラミドの原料になっています。

スポンサードリンク

セラミドは肌の角質層の中にあり、
水分をゼリーのように抱え込んでいて、
肌の水分保持力の8割を担っています。

商品を購入する際は原材料表示をチェック!

食品表示の原料にこんにゃく芋と
表示されているもののほうがセラミドが多く、
こんにゃく粉だとセラミドが少ない。

こんにゃくの摂取量は、1日1枚が理想。

こんにゃくは煮物やおでんなど
レパートリーが限られます。

こんにゃく農家では「こんかつ(こんにゃくを使ったかつ)」や
「こんにゃくの唐揚げ」を食べていました。


こんにゃくレシピ



【こんかつのレシピ】

『材料』
コンソメスープ
小麦粉

パン粉

『作り方』
1.こんにゃくに切り目を入れ、
コンソメスープでゆでて下味をつける。

2.粗熱をとったら小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶし、
キツネ色になるまで揚げればできあがり!



【こんにゃくの唐揚げのレシピ】

『材料』
こんにゃく
しょうゆ
にんにく
小麦粉
片栗粉

『作り方』
1.一口大に切ったこんにゃくに
にんにく醤油で下味をつける。

2. ①のこんにゃくに小麦粉、片栗粉をまぶし
油で揚げればさっぱりヘルシーな
唐揚げのできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ