【ヒルナンデス】美文字術!武田双龍先生のペン字がうまく見えるコツ!小倉優子!

悪筆セラピー

2017年11月23日放送の「ヒルナンデス」の
「美文字になりたいンデス!」。

武田双龍先生に簡単に「美文字」に
する法則を教えてもらいます。

スポンサードリンク

武田双龍先生

年末に向け「年賀状」など
文字を書く機会が増える今、
ちょっとしたコツで「美しい文字」になる
ポイントをご紹介!

今回は「小倉優子」の名前を使って漢字を
武田双龍先生に簡単に「美文字」に
する法則を教えてもらいます。




スポンサードリンク

漢字を「美文字」にする法則

【① 正方形に収める 】
漢字は1文字1文字が
正方形の中に収まっていると
美しく見えやすい。

中間淳太さん、友近さんのように
漢字のヘンとツクリが離れていると
心が広い、度量が大きい
という筆跡診断ができます。

悪い見方をすると
すきが多いといえます



【② 右方向に広がらない】
文字を書くにつれて、右方向に
広がって書いてしまいがち。

普通は右に広がってしまうのですが
横山裕さんのように左に広がってしまう人は
ポジティブすぎる人だそうです。



【③ 画数の少ない漢字は大きさを小さくする】

「小倉優子」の「小」と「子」。

画数の少ない漢字は画数の多い漢字より
大きく見えてしまいがち。

そのため、画数の少ない漢字は
画数の多い漢字よりも2/3程度の
大きさにします。

そうすると大人っぽい文字になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ